30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2018年03月05日

風俗を辞めてまた働きたい時の選択肢

出戻るなら.jpg
「風俗で働いていたけど目標を達成したから辞めた」「結婚したから辞めた」「昼の仕事を始めたから」などなど、様々な理由で風俗のお仕事を卒業していく一方で、もう一度、風俗のお仕事に復帰したいという女性も少なくはありません。

当店もそうですが求人の募集欄に「出戻り歓迎」という一文は入れています。そうすることで、以前働いてくれていた女性が、また当店で働いてくれやすくなるのでは?なんて微かな期待も込めているんですが、風俗に戻ってきて欲しくないという気持ちも正直ありまして、葛藤する時もあります。

ですが、こんな感情もあくまでもお店側の一従業員の個人的な感情です。働く女性の側からすれば「以前働いていた店に復帰」と「新しい店で気分を一新して働く」のとどちらがいいのか悩んでしまうことでしょう。

そこで今回は、再度、風俗で働きたくなった時に出戻りと新しいお店、どちらがいいのかについて書いてみます。

一番いいのは、当店に出戻りをしてくれたり、新しいお店として当店を選んでくれるのが最良なんですが、アドバイスとして読んで頂ければと思います。


出戻りと新しいお店、風俗で再度働くならどっち?

出戻りのメリット
まずは以前働いていたお店に出戻りする場合のメリットを考えてみましょう。

考えられるメリットとしては、まず「昔のお客様が戻って来てくれる可能性」があります。貴女のことを気に入って、何度もリピートをしてくれた常連のお客様が再び指名してくれるようになれば、接客をする際も気心もしれているので精神的にも楽ですし、安心して稼げる環境が作れます。

そして、環境と言えば「慣れた環境で働ける」ということもあります。お店のルールやサービス内容、スタッフや同僚の女性、使うホテルの場所など、勝手知ったるなんとやらということで、一から覚える苦労がありません。

経験者であっても新しいお店では気疲れしたりすることもあるのに、人見知りな女性ならなおさら精神的に消耗が激しいでしょう。そういう面を考えた時、出戻りなら非常に楽です。

もう一点、忘れてはいけないメリットが「ハズレを引かないで済む」ということです。

風俗店は数多く存在していて、その中には残念なことですが、まったく稼げないお店というものも存在しています。それどころか違法営業をしているお店だってあるのです。

そういうものは求人広告だけでは判断しづらい為、入店してみてから「暇で全然稼げない」「客層が悪い」「お店の雰囲気が悪い」などといった状況に遭遇してしまうことだってあります。

もし新しいお店でやり直そうと思って入店して、そんな状況だったりしたら、再び別のお店を探すことも視野に入れる必要が出てきてしまったりと、必要のないストレスや無駄な時間が生まれてしまうこともあるでしょう。

しかし、出戻りの場合なら、少なくともそういう心配は無用のはずです。根拠としては、以前働いていた店に出戻りを考えるくらいなので、それなりに良い環境だったのでは?と推測できるからです。

誰だって嫌な思いをした職場には戻りたくないですよね。出戻りを考える時点で、少なからず良いイメージがあるんじゃないでしょうか。

ここまで、出戻りのメリットについて書いてきましたが、新しいお店で働くことのメリットにも触れてみたいと思います。

それは「環境を一新できる」ということに尽きます。

稼げないお店で働いている。客層が悪い。お店の雰囲気が悪い。そういったことが、お店を変えることで一気に解消されるかもしれません。

逆にデメリットと言えば、新しいお店に移っても、環境がまったく変わらないこともあるということでしょうか。

出戻りするにしても、新しいお店を探すにしても、どちらが自分にとって稼ぎやすいかを考えることが重要です。




以上、いかがでしたでしょうか。

結局のところは、以前働いていたお店での状況次第ということになってしまいますが、稼ぎやすいところで働くのが無理なく稼ぐための第一歩です。

一度辞めた女性が、また復帰して働いてくれるようなお店は、基本的には稼ぎやすいお店という認識で大丈夫だと思います。新しいお店を探すのなら、復帰して働いている風俗嬢のいるお店を探すというのも一つの手かもしれません。

そんなお店は、在籍している女性を大事に扱う所が多いと思いますよ。
もちろん、当店も含めてです。

新しいお店をお探しの女性も、当店を選択肢に加えてみて貰えればと思います。

よろしくお願いいたします。


posted by レイグループ at 14:53 | Comment(0) | 稼ぐコツ!!
2018年02月09日

喋らないお客様に当たった時の対処法

喋らない.jpg
風俗のお仕事をしていると、いえ、風俗だけではなく水商売の場合もそうかもしれませんが、たまに全く喋ってくれず会話が成立しないというお客様にあたったことはありませんか?

口数が少ないとか、会話が盛り上がらないというレベルではなく、好みじゃないから喋りたくないと言い切ってしまうタイプや、話しかけても頷くだけというタイプのお客様。

「こんな人の接客をするのはもう無理」と言いたくなってしまうような場合ですね。

雰囲気を明るくしようといくら自分が喋っても相槌すら貰えず、何かして欲しいことがあるか聞いても反応が薄い。

何をして欲しいのか、何がしたいのかまったく分からないお客さんの相手をするのは本当に大変だと思います。

やりにくいだけではなく、精神衛生的にもよろしくないこの様なタイプのお客様に対して、どのような対応が正解なのか?

そして、こういうタイプのお客様に気に入って貰えて、本指名客になったりすることもあるのか?

今回は、口数が少なく扱いにくいお客様への対応の仕方について書いてみます。


無口だったり、頑なに喋らないお客様の対処法

好みじゃないから喋らないと言われた時は?
「タイプじゃない」「興味が無い」「可愛くないから」と、「いやいや、自分で選んでおいてそれはないんじゃないの?」と思ってしまうようなお客様はたまにいます。

そんな風に言われてしまった時は、まず「私はサービスさせて欲しいけど、どうしても嫌なら、残念だけどお店とお話しして頂いても大丈夫です」と軽く言いましょう。

女性に対して「ブス」などという発言は、そういった専門店でない限り風俗利用においては基本的にNGです。特に大きい声で言われたりした場合は、即刻お店に連絡しても許されるくらいの暴言です。

当店でも、お店のルールとして「コンパニオンを不当に貶める、嫌がる行為をされる方のご利用」は禁止事項としてHPにも記載しています。

ですが、大抵の場合、こういうお客様は女性を困らせたいだけです。何故なら、どうしても嫌だったりキャンセルしたい場合は、お客様は自分でお店に言うからです。

女性を困らせることで優位に立ちたいのかもしれませんし、単に面倒な性格の人なのかもしれません。

こういう場合で注意して欲しいのが、あくまでも女性の側から「キャンセルしますか?」などの発言はしないことです。これを言ってしまうと、お客様心理的にキャンセルをしやすくなりますし、そもそも自分が悪いということは棚に上げて、キャンセルの原因をこちらになすりつけてきます。

キャンセルになってしまいそうな時でも、あくまでもお客様が自主的にしたという流れにすることが大切です。


黙ったままプレイするのは最後の手段
「風俗だし、いっそのこと喋らなくてもプレイはできるし」と思ってしまった方はいませんか?確かに、やろうと思えばそれもできますが、「そっちがそんな態度を取るならこっちだって」とやり返してしまうのは、接客業としてはプロ失格です。

無口で無表情のまま最低限のプレイを淡々とこなすだけ。もちろん、お客様も盛り上がることもなく、下手すると射精すらさせられない。

タイマーが鳴るのを今か今かと待ちわびながらプレイして、鳴ったらサービスはそこで終了。支度をしてホテルから出る。

別れ際も、ムスッとした感じのお客様に、こちらもお仕事として愛想もない挨拶をして別れる。

こんな経験をしたことはありませんか?

こうなってしまうと、プレイでもサービスでもなく、ただの作業です。また、サービスを受けることの対価として料金を支払ったお客様も、満足できなかったら二度と貴女を選びません。それだけならまだマシです。最悪の場合、お店にも二度と来なくなります。

こうならないためには、何でもいいから、とりあえずは一生懸命喋り続けることが大切です。

お客様が喋らないので会話は途切れるかもしれませんが、それで構いません。世の中、女性側が一方的に喋り続けている夫婦やカップルは少なくないじゃないですか。

それと同じように、喋り続けながら、ボディタッチを織り交ぜましょう。話を聞くのも嫌だというお客様なら、必ずなにかしらのアクションをしてくるはずです。

そうでないなら、口下手なだけで、話を聞くのは好きという人かもしれません。思い切って喋り続ける方が、コース時間内、ずっと無言で過ごすよりは気分的には楽だと思います。

ここで一つ注意を。

もし、お客様の方から「あまり喋らないで欲しい」というような意思表示が出されたら、大人しく従いましょう。従わずに一方的に喋り続けると、「自分の意思を無視された」と余計に印象が悪くなります。


名刺を渡すのは基本です。
「こんな面倒な客なら私はいらない」と思った方、それは間違いなので注意してくださいね。

基本的に、合う合わない、扱いやすい扱いにくいに関わらず、名刺は必ず渡すようにして下さい。

貴女が扱いにくいと思っている男性は、大抵、他の女性にとっても苦手なお客様です。どこのお店でも上手く楽しめてないでしょうし、他の女性から名刺すら貰えていない可能性も高いです。

そんなお客様にしてみれば、一生懸命喋りかけてくれて、名刺もきちんとメッセージ付きで渡してくれた女性は、他の風俗嬢とは一線を画す存在に映るはずです。

今まで女性に相手にして貰えなかった男性にとって(自分に原因があるのは棚上げで)、一生懸命に自分の相手をしてくれた女性を特別に感じてしまうのはよくあることです。

ある日、突然、本指名をしてやって来るなんてこともあるかもしれません。

「自分のことが嫌いだと思ってた」と言いたくなるようなツンデレなお客様は、実は、他の風俗嬢への浮気率が低いです。

理由は分かりますね?

お客様はお金を払う以上、サービスを受け満足したいんです。多くの女性から冷たくされてきた男性にとって、貴女は安心して遊べる対象です。失敗するくらいなら、安全に満足したいという心理が働き、浮気をしにくくなるんです。


ノリも良く喋ってくれるお客様が本指名にならない理由
さて、今までとはまったく逆のタイプのお客様の話です。

終始笑顔で愛想も良く、会話も盛り上がり、別れ際も「ありがとう。良かったよ。次も指名するから」なんて言ってくれる、一見すると良いお客様。

こんなお客様ばかりなら苦労も少ないし、ぜひ、また来て欲しいって思いますよね。それなのに、こういうお客様に限って本指名になってくれない。

こんな経験をしたこともきっとあると思います。あまりにも回数が多いと人間不信になりそうなことですが、こうなる理由もよく考えればわかることです。

こういうタイプのお客様は、これまで書いてきたお客様と真逆の経験をしてきています。ノリも良く、相手に気も遣えるのでどこのお店でも歓迎されます。

もちろん、接客する女性からしても、扱いにくいタイプよりは扱いやすいタイプの方がサービスが良くなってしまうこともあるでしょう。

ノリの良いお客様は、感じ良く振る舞った方が楽しい時間を過ごせるのでお得だと知っています。なので、どの女性と遊んでもそれなりに楽しめるため、一人の女性に執着する必要がありません。

多数の女性と楽しんで、その中でも特に楽しかった女性を指名すればいいわけですから、同じお店の他の女性ともガンガン遊びます。そして、こういったお客様の行動に対し、よく文句を言う女性もいますが、お客様は間違っていません。

自分のお金で、自分が思う様に楽しんでいるだけですから。
本指名を返せないのは、その女性の力不足なだけです。こうした面からも、ちょっと扱いにくいなというお客様の方が、本指名を返しやすいと言えるでしょう。




以上、いかがでしたでしょうか_

ちっとも喋らないお客様。コミュニケーションを取る気が無いお客様。こういったお客様の接客は正直疲れるし、面倒です。

ですが、こういった面倒なお客様ほど、本指名に繋がりやすい。ひいては稼ぎやすいということに繋がります。

自分が苦手なお客様は、他の人にとっても苦手なお客様だということを逆手に取れば、自分が一歩リードすることも可能です。頑張ってくださいね。

また、ここで紹介した対処法はあくまでも一例です。
風俗未経験の女性や、初心者の女性の方に参考にして貰えればと思います。


posted by レイグループ at 10:10 | Comment(0) | 稼ぐコツ!!
2017年12月27日

恋人接客が苦手な人にこそ押さえて欲しいポイント

恋人営業.jpg
風俗で継続して稼ぐ為に必要なのが、本指名のお客様、何度も通ってくれるリピーターのお客様です。ですが、昔に比べて風俗店の種類も、そこで働く女性の数も相当増えました。その中で本指名を獲得するには努力と工夫が必要です。

中には、容易に本指名を獲得する女性もいますが全員が全員そんな女性ばかりではありません。頑張って接客しているつもりでも、なかなか本指名が獲れない女性もたくさんいます。

お給料に直結してくる以上、風俗で働いていて本指名が欲しくない女性はいません。では、お客様は何故、本指名をしてくれるのでしょうか。

理由としては「お客様に気に入られた」「お客様が次回も今回同様楽しめるか、もしくはそれ以上楽しめると期待している」の、大体二つに落ち着きます。

そして、この二つを満たす接客方法に「恋人接客」というのがあるんですが、今回はこの「恋人接客」について書いてみます。


お客様を貴女の虜にする「恋人接客」
【恋人接客の基本】
水商売や風俗のお仕事をしたことがある女性なら、一度は「色恋営業」という言葉を聞いたことがあると思います。風俗の場合なら「恋人プレイ」とか「イチャイチャプレイ」といったところでしょうか。

これはどういうことかと言うと、お客様に対して恋人の様な雰囲気で接客し、好意があるような素振りでお客様が自分を好きになる様に仕向け、リピーターになってもらうという営業方法です。

水商売の場合、口説けそうで口説けない状態で時間を稼ぐわけですが、風俗の場合は先にある程度エッチなサービスをしてしまっているので、お客様が女性側に抱く期待にも多少の違いがあります。

風俗のお客様の場合は「いつか付き合えるかも」「いつか最後まで出来るかも
」「この子は楽しく疑似恋愛ができる」など様々な期待を頂いています。

この時点でお店の基本サービス内でエッチなサービスを全員が受けていることになるので、恋人接客をしようとなると、それ以外の部分で差をつける必要が出てきます。

例えば、恋人接客に欠かせないのが会話です。プレイ前やシャワー中、ベッド、プレイ後など様々な会話のタイミングがありますが、ここで風俗嬢と客という構図ではなく彼氏・彼女という様な恋人同士のまったりタイムを最大限に演出する為には会話は必要不可欠です。

恋人接客が得意な女性は、笑顔・ぶりっ子・甘えを上手に使ってお客様の心を掴んでいます。

次にイチャイチャプレイです。これは恋人接客にリアリティを出すために必要です。どれだけ密着してイチャイチャできるかで、お客様がただの風俗では一般的なサービスとして受け止めるか、次回も本指名しようと思うかが決まります。

大事なのが距離感で、いくら愛想良く丁寧にサービスしても、距離感が感じられる場合、男性は醒めてしまうことが多いです。

そして、恋人接客における最も効果的なものがキスです。ディープキスだと尚更良いでしょう。これは何故かというと「キスを嫌がる・もしくはしたがらない=ハズレの風俗嬢」と感じるお客様が多いからです。

キスを嫌がられると「自分のことが嫌なんだな」と感じてしまい、リピートをしようとは思わなくなります。また、仮にキスに積極的だったとしても、お客様に「嫌だけど仕事だから我慢している」と感じさせてしまった場合、やはり恋人接客にはなりづらいです。


【技巧派の女性は苦戦気味?】
恋人接客とは反対に、風俗のお仕事をプロとして、お客様をリードして、しっかりと濃厚なサービスやテクニックを披露するタイプの女性ももちろんいます。色恋無しで、テクニックなどプレイに満足してもらうタイプですね。

とはいえ、実際には色恋が上手でテクニックもある女性も入れば、テク無しで事務的な、いわゆる地雷嬢と呼ばれる女性もいます。

また、経験の長いプロっぽい風俗嬢よりも素人っぽい風俗嬢を好む男性もいます。そうした男性の場合、手慣れた感じや積極的なサービスはあまり好みにではないこともあります。

そのような男性側の好みやサービス地雷の女性が原因となり、技巧派の女性は恋人接客の女性よりもお客様受けが悪くなってしまったりという現実もあります。


【恋人接客の苦手意識を克服するために】
「恋人接客はお客様に受けやすい」と頭では分かっていても、いざ接客の段になるとどうすればいいのかわからなくなってしまう。これはよくある話です。

そんな時は、一度、「恋人接客しよう」とか「恋人のようにしなくて」という意識を一旦捨ててください。恋人でもない人を恋人だと思おうとするから、却ってぎこちなくなってしまうんです。

無理に恋人だと思わなくても、次に書くことを実践してください。それだけでも大分変ります。

1.いつでも笑顔を大切にする
まず、鏡を見ながら笑顔の練習をしましょう。自分ではちょっとオーバーに感じるくらいが、相手から見るとしっかり伝わる笑顔です。

ちょっとニコっとしただけだったり、口は笑っていても目が笑っていない場合など、お客様から見ると無表情に見えたり、怖く見えます。

常に微笑みを絶やさない女性を、周囲で見かけたりしませんか?笑顔は訓練をすることで習慣にできます。対面時の挨拶からお見送りの段階まで笑顔でいられるように、笑顔の練習をすることは大切です。

2.受け身に徹してみる
「あれも嫌、これも嫌」とプレイにNGが多い女性、女性側から責めてばかりでこちらからは責めさせてくれない女性。このどちらのタイプもお客様からすれば「お金を払ったことを後悔してしまう風俗嬢」です。

プレイの仕方を色々考えるよりも、受け身に徹してお客様の責めに対してしっかりと反応を見せることだけに集中すれば、プレイがいくらか楽にはなり、お客様も楽しめます。

仕事だから気持ちよくしてあげるという女性と、男性の責めに対して本気で反応している(たとえ演技でも)女性と、どちらが恋人の様に思えるかと言われれば後者の方ではないでしょうか。

3.徹底的に尽くしてみる
風俗のお客様は疑似恋愛を求めていることが多いです。理想の恋人に優しくされたい、尽くされたい、癒されたいなどの欲求を満たしてあげることができれば、お客様は再び満足したくなり貴女をリピートするようになるかもしれません。

恋人接客の一環として、最初から最後まで尽くすことに徹底してみるのもいいでしょう。

4.接客時はぶりっ子なくらいで大丈夫
基本的に男性は女性のぶりっ子が好きです。二人きりの状態でのぶりっ子を嫌うのは、同性である女性とほんの一部の男性に過ぎません。

実際の性格は男勝りのサバサバした女性でも、接客中はぶりっ子な女性を演じましょう。それだけでも大分お客様の印象は変わります。


5.接客ノートで復習を欠かさない
接客したお客様、特に本指名を頂いたお客様のことはできるだけ細かくノートに記録する習慣をつけましょう。そして、ことあるごとに、それを読み返しましょう。

お客様との過去の会話など思い返し記憶することで、ふとした際にそれを出すことができれば「自分のことをこんなに覚えていてくれるなんて、もしかして好かれているのかな」と思わせることもできます。

また、単純に前回の話の続きで盛り上がることもで出来、話題にもしやすいです。

6.ボディタッチを増やす
これは、簡単です。とにかくベタベタと密着してください。恋人のようにとか、イチャイチャしないととか考える必要はありません。ベタベタしている内に自然とイチャイチャした感じになっていきます。

7.キスをすることが仕事だと考える
基本プレイは、お客様が支払った料金で受けることのできる権利なのでどれも大切だと思いますが、貴女の中で一番大切な仕事はキスだと考えて下さい。

もっと極端に言えばキスをするたびにお給料が発生すると思っても大丈夫です。濃厚なら濃厚なほど金額が増えます。1回でも多くキスできるよう頑張りましょう。

8.二回戦に誘う
一応、一回でも射精出来たらお客様としても目的は果たしていますし、サービスも終了と考えがちです。ここで勘違いしないで欲しいのは、お客様は射精一回をサービスとして買っているのではなく、サービスを受ける時間を買っています。

同じ時間にお金を払うにしても、射精が一回と二回ではお得感が全然違います。また、そうすることで一生懸命さが伝わり、お客様から好意を引き出すこともできます。

9.5分だけ時間をオーバーする
大多数の女性の方が5分早く終わろうとすると思いますが、そこをあえて5分くらいオーバーするという技もあります。

タイマーも、フィニッシュもいつも通りで帰れる状態。でも帰らない。その状態で時間を気にしながら「もうちょっとだけ」なんて抱きついてみたりしてください。確実に、お客様に貴女の印象が強く残ります。

ただ、予約が立て込んでいる場合は次の接客のスタートが遅れてしまっては本末転倒です。準備の早さに自信がある人なら試してみるのもいいかもしれません。




以上、いかがでしたでしょうか?
なんだかんだで本指名を取るには恋人接客がいいと言われても、苦手なものは仕方ありません。

そんな時は、それに代わるもので同じような効果が得られるように具体的に考えてみましょう。

どんな方法であれ、お客様の心を掴むことが出来れば、きっとリピートしてくれるに違いありません。頑張ってくださいね。




posted by レイグループ at 16:48 | Comment(0) | 稼ぐコツ!!