30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2018年05月27日

風俗で上から目線で難しい話題を出すお客様ってなんなの?

上から目線.jpg
風俗の仕事内容は性的なサービスを提供して、男性の性欲や性的好奇心などを満たして、最終的に射精へと導くことです。だからと言って、会話が全く必要じゃないかと言えばそうではありません。

会っていきなりプレイ開始ということはあまり無く、プレイ前後には入浴やシャワータイムもありますし、当店のようなホテヘルなら、ホテルまでの道中などお客様と会話をする時間もあります。

ただ、あくまでも会話は恋人ムードや楽しい時間を盛上げる為のスパイスみたいな感じとしてスパイスの様なもので、メインは性的サービスです。

常連の本指名のお客様ならまだしも、大抵の場合は初対面だったり、会ってから間もなかったりでなので、会話の内容もそこまで濃い話にはならないのが普通です。

自己紹介や世間話、慣れてる人なら希望プレイの打ち合わせなどでしょうか。

大抵はこんな軽い内容の会話になるので問題は起きようもないとは思うのですが、稀に、空気や距離感を読めないお客様がいます。

個人情報を無理に聞き出そうとしたり、プライベートでの付き合いを要求してみたり、挙句の果てに妙な上から目線で女性を馬鹿にするような発言をしてみたり。

純粋に上から目線で暴言を吐かれるような感じならまだ対処の仕様がありますが、困るのが適度に上から目線の場合です。

なんというか、知識をひけらかすとでも言えばいいんでしょうか。

政治経済、国際情勢、社会問題など敢えて難しい話題を振ってきて女性側がそれを知らなかったり、分からなかったりすると貶しだす。

その情報を自分がきちんと把握していれば貶されたりすることはないだろうと思うと、それを知らない自分にも原因があるような気になってしまうこともあると思います。

前置きが長くなりましたが、今回はこの「適度に上から目線」のお客様の対処法です。

上から目線で難しい話題を出された時の対処法

1.上から目線の人によくある会話パターンを知ろう
日常生活でもよくあるかもしれませんが、特に水商売や風俗などで多いのが、矢継ぎ早に質問してくる人です。

「〜って知ってる?」「〜は?」「〜ってわかる?」

この「〜」の部分には株や投資、政治、国際情勢とかスポーツなど興味の無い人には分からないであろう話題が入ります。

これを一方的に質問してきた挙句「こんなことも知らないのか」と勝手に幻滅したりするのが一連のパターンです。

そして、答えられないとなると「大学とか行ってないの?え、高校も行ってない?あぁ、だから風俗で働いてるのか」などと言ってきたり、「キャバクラとかで飲んでてもそうだけど、やっぱり、これくらいの話くらいできないと・・・」と嫌味な上から目線で語ってきます。

こんなことを言われたら誰だって腹が立ちますよね。

正直、勉強不足もあるかもしれませんが、その話題を知らなくても生きていく上では別に問題ないことを「知らない」というだけでマウンティングしてしまう人は結構多いんです。


2.風俗に来て難しい話題を出す男性の心理を知ろう
国際情勢とか難しい話題を出されて答えられないのは恥ずかしいことではありません。試しに、誰か近くの知り合いに聞いてみて下さい。その話題に即答できる人ばかりでないということが分かると思います。

そもそも風俗に来て、会社のOLや学生でさえ「???」となってしまうような話題を出す方が、その場の空気を読めていないんです。

政治経済・国際情勢などの話を女性として楽しみたいのなら、高級クラブなど、もっと他に相応しい場所があるのですから。

そういった話に向いていない場所に出向き、それを上から目線で語る。そんな男性の心理とはどのようなものなのか。

それは大別すると3つのタイプになります。

1つ目は、金銭面の余裕がないとか性格的に楽しめないとかでクラブなど水商売のお店に行けない人。自分のしたいことに対応したお店には行かずに、したいことに対応していないお店に行って自分のしたいことを要求する場違いなタイプです。

2つ目は承認欲求を満たされたくて風俗にくるタイプ。風俗は基本的には性サービスを提供するお店ですが、実際には多くの男性が癒しを求めて来店してきます。日常生活の中で満たされない癒しや賞賛を求めてやってくるので、風俗嬢から「この人凄い」と思われさえすれば満足できてしまうタイプです。

3つ目が、風俗でしか上から目線になれないタイプです。理想の自分と現実の自分。自己評価と周りの評価が違いすぎて、不満の塊のようになっている人ですね。こういうタイプは、意地悪な性格だったり、周囲に対して攻撃的だったりしますが、意外に気が弱いタイプが多い為、自分より強そうな相手には攻撃できません。それで、風俗などに来て言い返せない立場の人に対して、上から目線になって満足するタイプです。


3.難しい話題を出された時の対処法
基本的に上から目線のお客様のほとんどが、自分より上の立場になられることを求めていません。難しい話題を振っている自分よりも相手の女性の方が頭がいいと感じると不機嫌になってしまうこともあるので注意が必要です。

面倒だし、ムカつくこともあるかもしれませんが、それは接客業だしある意味、仕事です。

たとえ自分が知っている話題であっても控えめに反応して、相手がちょっと上から目線になれる隙を与えることができれば、上から目線のお客様は満足します。

上から目線になりたい人には、ちょっとだけ下になってあげることも大切です。但し、あまり下手出過ぎると相手が調子に乗って、無茶な要求をしだしたりするので、そこは注意してください。




以上になりますがいかがでしたでしょうか。

難しい話題を出されても、上から目線で来られても気にしないことが大切です。風俗で必要なのは、恋人気分で楽しませることであり、知的な会話で楽しませることではありません。

男性を優越感に浸らせてあげることができれば、気分も良くなり次回の指名に繋がるかもしれません。

マウンティングされても、あまり対抗しようとせずに頑張ってみてくださいね。
posted by レイグループ at 19:00 | Comment(0) | 稼ぐコツ!!
2018年04月17日

​煙草を吸うと損?風俗で喫煙の習慣は不利ばかり

禁煙してね.jpg
数年前から加速度的に世の中が禁煙の風潮になり、喫煙者は肩身が狭い思いをすることが多くなったと思います。

これは風俗業界も例外ではありません。

当店でも、お客様の傾向を見ていると、喫煙女性より煙草を吸わない女性の方が人気があります。電話で予約を受ける段階で女性が喫煙するかを聞かれて、その結果次第で予約が入らないということだって普通にあります。

このことから言えるのは、今現在、喫煙をしていないのなら、間違いなくそのまま煙草を吸わない方が有利だということです。そして、今現在吸っていても禁煙しようかなという気持ちが少しでもあるのなら、是非、禁煙に挑戦してください。

そのくらい煙草を吸うことは風俗で働く上で不利です。今回は喫煙がどれくらい不利になるかを書いてみます。


煙草を吸うと損?風俗のお仕事に与える影響
世の中の喫煙人口が減少中と言われて久しいですが、喫煙者が減ったということはお客様の中にも煙草を吸わない人が増えているということでもあります。

当店のアンケートでも「待合室を完全禁煙にして欲しい」という声が増えていることからも明らかです。そして、自分が煙草を吸わない人は大抵の場合、女性から煙草の臭いがすることも嫌がります。

というよりも煙草自体が嫌いです。

こんな事情から、煙草を吸う女性にとってはマイナスに働いてしまうことが増えています。

ポイント1.女性のプロフィールに喫煙の有無が記載されてしまう
女性の喫煙の有無は風俗で遊ぶお客様にとって大きな関心事の一つでもあります。当店でもHPの女性のプロフィールや受付パネルでも喫煙の有無を表示しています。

このことがどういうことかと言うと、煙草の臭いを嫌がるお客様から喫煙する女性は選ばれない可能性が高くなるということです。

もちろん、中には喫煙を気にしない人もいますし、喫煙者なら自分が吸っているので気にならないという人も多いでしょう。

しかし、先に書いたようにそもそも喫煙者の数が減っているところに来て、喫煙をする男性の中にも、女性が煙草を吸うのは嫌だという人もいます。

ということは、それだけ選ばれにくい=稼げないということになってしまいがちなんです。

ポイント2.高収入の人ほど喫煙率は低い
一般的に高収入の人ほど喫煙率は低いと言われています。

風俗で遊ぶための料金は決して安いものではなく、風俗遊びをする為にはある程度の経済的余裕も必要です。つまり、高収入で金銭的に余裕があるのでロングコースで指名してくれたり、頻繁に来店してくれるようなお客様には非喫煙者の割合が高いので、ここでも喫煙している女性は選ばれにくくなってしまいます。

ポイントを2つ挙げてみましたが、どちらが稼げそうかは明白だと思います。吸わなくて済むなら煙草は吸わない方がいいのです。

もし、風俗業界で少しでも有利に働きたいと思うのなら、煙草は吸わないことが賢明です。


喫煙は肌に与える悪影響
煙草が与える悪影響は仕事だけに留まりません。女性にとっては非常に大切な美容にも関わってきます。

喫煙をすることで肌が実年齢以上に老化してしまいます。

具体的には「目尻の皺が目立つようになる」「乾燥肌になりやすい」「ほうれい線が目立ってしまう」「目のクマがはっきりしやすい」「頬がこけたり、肌の張りがなくなる」など、正直、美容の大敵でしかありません。

しかし、喫煙の悪影響はこれだけではないのです。


喫煙をするなら臭いのケアは念入りにすること
喫煙をする上で、直接的に嫌がられるのは臭いです。この臭いが嫌な為に、接客中は喫煙しないとしても、普段は喫煙するというだけでお客様には悪いイメージを持たれてしまいます。

きちんとケアされていれば気にしないというお客様も多いですが、ケア漏れしていることが多々あります。自分では完全にケアしたつもりでも、ケアしきれていなくてお客様から不評を買ってしまう場合も無きにしも非ずです。

とくに、服に臭いがついているだけならまだしも、喫煙により口臭が酷いなんてことになると、お客様も幻滅してしまいます。

煙草を日常的に吸っているとどうしても臭いに鈍感になりがちです。必ずケアすることを忘れないようにしてください。

面倒臭いと思うかもしれませんが、それくらい今の世の中は禁煙に変わってきています。なので臭いのケアをいい加減にしてしまうと、お客様からお店にクレームを入れらたりするので注意が必要です。


どうしても煙草を吸いたくなった時は
喫煙することは稼ぎにも影響が出ますし、余計な出費も増えるので吸わないで済むならそれに越したことはないでしょう。

しかし、お仕事柄、非常にストレスが溜まることもあるでしょう。そんな時には煙草を吸いたくなってしまうこともあるかもしれません。接客のストレスを解消する手軽な捌け口として喫煙したくなる。そんな時はミント系のガムや飴で上手く紛らわせるように頑張りましょう。

完全禁煙は難しいとは思いますが出勤中だけでも吸わない様に努力することも、風俗で稼ぐ為には大事です。




以上になりますがいかがでしたでしょうか?

風俗のお仕事をする上で、やはり煙草は吸わない方が指名も取りやすくなりますし、お客様からの印象も良いです。

喫煙をしなければ、臭いなどのケアに過剰に気を遣う必要もなく、美容の上でもデメリットがありません。

風俗で商品となるのは自分自身です。煙草を吸わないことだけで自分の価値を上げることができるのならそうした方がいいのではないでしょうか。

煙草を吸わないことで高収入を得やすくして、しっかり貯金するなどして風俗を辞めてからでも喫煙は遅くありません。

頑張ってくださいね。
posted by レイグループ at 20:08 | Comment(0) | 稼ぐコツ!!
2018年03月06日

接客ノートを使って指名客を増やす!!

接客ノート.jpg

風俗のお仕事で稼ぐ為に必要なのはリピーターを増やすことと、このブログでも何度か書きました。そのリピーターを増やす為に大切なことはお客様に『特別感』を与えることなのですが、どうすればいいかわからないという女性もいると思います。

具体的に言えば、優越感を与えるのなら、お客様を覚えて常連扱いすることです。

人にもよりますが、基本的にお客様というのは、風俗に限らずどんなお店でも「また来て貰いたい良客」として丁寧に扱われたり、常連客として覚えて貰いたい願望が少なからずあります。

とは言え、一日に何人も接客をしていると、余程、印象に残るようなお客様や、間をあけず通ってくれるようなお客様でない限りは忘れてしまうのも事実です。

そんな時に役に立つのが、自分の接客を記録しておく接客ノートです。

今回は『接客ノートの重要性』について書いてみます。

風俗のお仕事で、接客ノートはとても重要

接客ノートに書くべき内容
既に接客ノートを書いてるよ、という女性も多いかと思いますが、どんな内容をノートに書くべきなのでしょうか?

日付やお客様の名前ですか?それとも遊んだコース?来店時間?書く内容はいろいろあると思います。ここで考えて欲しいのがノートを書く目的です。

接客ノートを書く理由は、お客様に「自分のことを覚えてくれている」と思わせることです。逆に言えば、貴女がお客様を覚えるために必要なことを書かないといけません。

ノートに漠然と、名前と年齢、来店日だけ書いてあったとして、そのお客様の顔がとっさに思い出せますか?思い出せませんよね。どんなお客様かを思い出す手掛かりになるものが、何も書いてなかったらノートとしては役に立ちません。

役に立つノートにしようと思ったら、最低限、次のことは書くようにしましょう。

・見た目の特徴とニックネーム
一番大事なのが見た目の特徴です。店頭受付のお客様なら顔が分からなくてもスタッフが誘導してくれるのでなんとかなりますが、待ち合わせ型の場合、リピーターになってくれた時にすぐ分かる様にしておいた方が好印象です。

体型や顔の特徴、似ている芸能人や眼鏡・ヒゲの有無、髪型、それにプラスして服装なども書いておくと役に立つかもしれません。年齢に関しては、若いとか中年とか年配とかくらいの区分けで十分です。

詳細の年齢を書くのは、そういった話題があった時でも間に合います。

あとは、お客様の呼び方です。こちらは、可能な限りニックネームで呼ばせてもらう様にした方が親近感が増します。もちろん、教えて貰ったニックネームは忘れない様にノートに書きましょう。

・会話の内容
接客時の会話の内容も余裕があれば書いておきましょう。リピートしてくれた際に「前回話してた○○の〜」などと振れば会話も弾みやすいし、お客様からすると「よく覚えてるな」と感心することもあります。

おススメの映画や音楽、お店の話を前回にしていれば、その映画を見たり、音楽を聴いたり、お店に行ってみるなどして、その話をお客様にすれば「話を適当に合わせてただけじゃない」と印象アップにも繋がります。


・プレイの内容
プレイの内容も書いておいた方がいいでしょう。お客様の好きなプレイやNGなプレイを把握しておけば、スムーズにプレイが進められると同時に、まだ試していないプレイをお客様に勧めることもできます。

通常、何度もリピートしているとプレイ内容もマンネリとなりがちですが、試したことのないプレイを少しずつ織り交ぜて変化を出していけば、飽きられることはありません。

底が見えない様に思わせることが、関係を長続きさせることができます。


・自分の服装や下着
これは、その日に着ていた服や下着をメモしておくことで「また同じ下着」「これしか持ってないのか」と思われない様にするためです。お客様が好きな下着だから毎回同じものにしているという場合を除いて、なるべく前回と被らない様に注意しましょう。

女性からすれば、あくまでも偶々なだけで、他の服や下着を持っていない訳ではないと思うかもしれませんが、男性側から見た時に、なんとなく不潔なイメージや貧乏くさい印象を抱いてしまう可能性があります。

以上、最低限、これくらいは書いておけば次回の接客時に役立つと思います。「毎回、こんなに書くのは面倒」と思うかもしれませんが、大丈夫。やっているうちに慣れますから。


もし接客ノートを書かなかったら?
「接客ノートは面倒」「書かなくても覚えてる」と考える女性も多いと思いますが、長年、風俗業界に携わってきた経験上から言わせて頂くと、接客ノートは作るべきです。

「やらなくても大丈夫」と言っている女性に限って、指名が返ってこなかったり、ちょっとしたことでクレームを入れられたりなどお客様からの評判があまり良くない、仕事も適当という傾向が見受けられます。

働く女性の側からすれば、お客様はひと月に接客したお客様の内の一人でしかないという認識かもしれません。ですが、そのお客様からしたら、その時間は特別です。その特別な時間を、十把一絡げ的に流れ作業の様に扱われてしまったら、お客様は、その女性を二度と選ぼうとは思わないでしょう。

また、一人一人に対して真摯に接客をしていたとしても、お客様としては、2度目に会った時に、全然自分の事を覚えて貰えてないとがっかりしてしまうものです。

毎回同じ質問をされたり、別の人と間違えて話題を振ってしまったりしたら、された方は気分が良くはないでしょう。

そうならない為に接客ノートを書くんです。

人の記憶は意外とあてになりません。記憶力に自信があり、見たり聞いたりしたことはすべて完璧に覚えていると言い切れるなら、その能力を活かした仕事をした方がいいと思います。

何も、お客様のすべてを覚えろとは言いません。ちょっとしたことでいいんです。前回の接客時に少し愚痴や悩み事を話していたなら「その後、大丈夫ですか?」など軽く触れてあげられる程度でいいんです。

たった、これだけのことで、お客様は意外な程、貴女に好印象を抱きます。その積み重ねがリピーターの増加に繋がり、最終的には貴女の稼ぎに繋がっていくんです。




以上、いかがでしたでしょうか?
接客ノートを効果的に使えば、きめ細やかな接客へと繋がり、ひいてはリピーターへと繋がります。

ノートを書く時の注意点として「後日に見ても意味が分かる様に書く」「辛辣なコメント書くにしても、見られてしまった場合のことも考えてなるべく優しい文章で書く」「まとめて書くと他のお客様とごちゃ混ぜになる可能性があるので、できるだけその日のうちに書く」などに気をつけましょう。

お客様に特別感を与えて、リピーターが増やせる様に頑張ってくださいね。

posted by レイグループ at 16:07 | Comment(0) | 稼ぐコツ!!