30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2017年11月09日

人気の見た目は作れる!大事なのは方向性

勘違い.jpg
知人と飲みに行った時などに、たまに「また振られた」などと相談を受け、その度に「人は見た目だけじゃない」とは言っているのですが、正直、その知人の年代的には「年齢的に経済力も必要じゃないのか」と突っ込みたいです。

本当に突っ込んでへこませる様なことはしませんでしたが、この「人は見た目だけじゃない」ということについて少し考えるきっかけにもなりました。

よく「人は見た目じゃない。大事なのは内面」とは言いますが、正直な話、第一印象は見た目から入りますよね?何故なら、初対面で会った瞬間に、どれだけその人の内面が分かるのかという話だからです。

とくに、この風俗のお仕事は見た目は大事です。やっぱりルックスやスタイルが特にいい女性の場合、写真指名が入りやすいという事実もあります。

また、何だかんだ言って男性は美人や可愛い女性に弱いので、見た目が良い女性や好みの女性には何かと親切にしたりします。

そんな訳で、相手に好感を与える様な外見になることは決して損にはなりません。ということで、風俗でお仕事をする上で、どんな髪型やメイク、スタイル、服装をすれば人気が出やすいのかを、今回は書いてみます。




女性が思っているのと実は違う『風俗客に人気の見た目』
一概に「綺麗」「お洒落」と言っても、年代やTPOでも変わってきますし、お客様個人の好みもあるので絶対正解の答えというものはありません。

ですが、長く営業を続けてきているからこそ分かる、「風俗でより多くのお客様に受けの良い外見」というものは存在します。「自分なりにお洒落をしているけど成果が全然・・・」「どうしたらいいのかさっぱりわからない」とお悩みの女性には是非参考にして頂けたらと思います。

1.風俗客に受けやすいメイクは『華やかだけどナチュラル』
はい、こう書いてみましたが、実際のところ、これは風俗客だけではなく一般的に男性に受けやすいメイクです。決して厚化粧に見えず、薄く見えますが、本当はしっかりと作りこんで欠点を隠して可愛く見せるような感じです。

芸能人とかでも、こんなメイクが主流だと思います。

ポイントとしては以下の3つ。
・顔に元から存在しない色は使わない(青・緑・紫などのアイメイク、真っ赤だったり派手なオレンジなどのリップメイクなどですね)。
・ファンデーションもマスカラも、よれたり厚塗りになって汚く見えないようにする。
・ボリュームがあり過ぎるつけまつげや、大きすぎるカラコンは男性的には不評

上記3つは、女性からすると可愛いのかもしれませんが、男性から見るとそうではないことが多々あります。芸能人とかのメイクを参考にする時も、女性に人気の芸能人ではなく、男性に人気の清楚系芸能人や女子アナを参考にするのがいいでしょう。

また、時々勘違いしている女性もいますが、ナチュラルメイクとはすっぴんでも手抜きメイクでもありません。ナチュラルに見えるくらい、しっかりと手を掛けたメイクのことです。

風俗のお仕事は女性自身が商品です。いくら「お客様は普通の主婦とリアル不倫の気分を味わいたい」とは言っても、それはあくまでも外出用に着飾った見た目の時の主婦であって、すっぴんでごみ出しに行く時の見た目の主婦ではありません。


2.色は『暗色』、髪型は『ストレートか緩いウェーブ』、長さは『セミロング〜ロング』が人気
これも様々な好みの男性がいるので、あくまでも一般論として、また、経験上の傾向として書きます。

当店が人妻風俗店だからかもしれませんが、より多くのお客様に人気の髪色は暗色系(ダークブラウン〜自然な黒髪)です。金髪や明るい茶色だと、少し選ばれる率が下がるような気がします。ましてや、赤とかアッシュブロンドとは論外です。

髪型はストレートか緩いウェーブのかかったものですね。あまり気合を入れて巻き過ぎると逆効果になってしまうこともあるので、そこは注意してください。

長さは、やはりセミロング〜ロングくらいが人気です。ショートが絶対駄目だという訳ではありませんが、その長さを好む男性の数が一番多いのも事実です。市場は広いに越したことはありません。

本気の巻き髪など、個性的なヘアスタイルは確かにお洒落だと思います。ただし、それが男性受けするかと聞かれると別の話です。プライベートならいくらしてもらっても構いませんが、自分を商品として売るお仕事ですから、男性目線を大事にした方がいいかもしれません。

3.風俗で人気の体型
しつこいようですが、これも千差万別、個人の好みもありますが、風俗のお客様が重視するのは抱き心地です。

モデルやキャバ嬢など平均より極端に痩せている女性が基準になってしまっている男性が多いので「女子は全員体重が40kg台」とか「ウエストは60以上あったらデブ」とか訳のわからないことを信じている場合があり、よく考えもせず口に出したりすることもありますが、それは一旦無視しましょう。

一番人気の体型は、女性からすると太っていると思える「標準体重」と同じくらいか少し細いくらいです。

また、少しくらい平均と違っていても好みはいろいろあるので需要はあります。大きくかけ離れて細すぎたり、太り過ぎたりしていない限りはそんなに心配しなくても大丈夫です。

4.風俗客に人気の服装は清潔感・清楚感を持ったファッション
風俗でお仕事をしている女性からすれば「どうせすぐ脱がされるし」と思ってしまうかもしれない服装の話です。また、Hなサービスを売りにしているということでエロい恰好をしてれば間違いないと思う女性もいるでしょう。

ですが、そんなに単純なものでもありません。まず、エロい恰好に関してですが、男性は確かにエロい雰囲気や恰好は好きです。ただ、あからさまにエロい恰好だと逆に引いてしまう男性も多くいます。

またホテヘルの様に、近くのラブホテルまで移動する場合、一緒に歩くのが恥ずかしいということになったりして別々にホテルまで行くこととなり、貴女の印象を残せる時間も減ってしまったりします。

そうならない為にも、求められるのは「風俗嬢だと一見して分からない様な清潔感溢れるファッション」です。

更にはお客様が一緒に連れて歩きたい、一緒に歩いても恥ずかしくないような服装が基本です。

具体的にはどんな服装が参考になるかというと、ここでも上に書いたように男性人気の高い女子アナや芸能人の清楚感・清潔感を感じるような服装ですね。

そこに気を遣うだけでも、お客様の受けは全然違ったものとなってきます。




以上になりますが、いかがでしたでしょうか?
男性と女性では「可愛い」が違うのはよく聞く話です。また、女性は一つ一つのパーツを重視しますが、男性の場合、多くは全体の雰囲気しか見ていません。

なので、ちょっと前髪を切ったくらいではなかなか気づくことが出来ずに、喧嘩になったりもするんです。

そこを逆手にとって、美人な雰囲気の外見を作ることで、もし貴女が容姿に自信がなかったとしても、雰囲気美人としてお客様に人気の見た目を作ることは可能です。

そうしてお客様に人気の見た目に近づければ、きっと写真指名も増えるはずですよ。頑張ってくださいね。
posted by レイグループ at 14:57 | Comment(0) | 稼ぐコツ!!
2017年10月30日

稼ぐ為に商品価値も考えよう

商品価値.jpg
皆さんは買い物に行って商品を買った時、何故、その商品を買いましたか?

「必要だったから」「欲しかったから」「なんとなく」など理由は様々あると思います。ここで考えてみましょう。「必要だったから」という理由で購入する場合は好む好まざるを問わずに、それが必要だから買うんですよね。

では、「欲しかったから」「なんとなく」で買う時はどうでしょうか。きっと、その商品に自分なりに価値を感じているので買うんだと思います。

物が売れるのは、その商品に価値があるから。これはそのまま風俗のお仕事にも当てはまります。

これは当店のマニュアルにも書いていることですが、風俗嬢というお仕事は雇われ仕事ではありません。お店との業務委託契約の上に報酬が発生する、いわゆる個人事業主、個人商店みたいなものです。

お給料が完全歩合というのもこういった視点からですね。自身の成績や好感度がそのまま商品価値ということになる芸能界となんら変わるものではありません。

貴女に価値を感じて、お客様は安くはない料金を支払って貴女とのプレイ時間を買うんです。逆に言えば、貴女に価値を感じなかったら、お客様は貴女にお金を使うことはありません。

気にしている人は多くはそれほど多くはありませんが、商品価値を考えることはそれくらい重要なのです。ということで、今回は「商品価値を上げよう」という内容で書いてみます。

内容的に「売り物扱い=物」という様に受けて「人を物扱いしている」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そういった事ではないので、先に記しておきます。


商品としての価値が上がれば稼げる

1.自分の商品価値を考えてみる
先に書いたように「物が売れるのは、その商品に価値があるから」です。例えば10代20代の女性なら若さ、30代40代ともなると大人の色気や一般常識、気配りといったところでしょうか。

ここで「ルックス」と「清潔感」に触れなかったのは、ルックスに関しては後述するとして、「清潔感」はあまりにも基本だからです。自身が売り物である以上は清潔感があって当然です。

例を挙げると、言い方は悪いですが不衛生そうな飲食店があったとします。他のお店が混んでいるので仕方なく入ることにしたのですが、出された料理を盛ってある食器が、あまりよく洗ってなさそうな感じです。はたして、貴女はその料理に好印象を抱きますか?ということです。

多くの人が「この店、二度目はないな」と思うはずです。そういった点で、清潔感というのは多くの人にとって「あって当然」というのが根底にあると思います。

話を戻して、商品価値という視点から自分を見た時に、自分でどう思うかを知ることは大変重要です。

「私は何もしなくても十分に価値がある」「私はちょっと努力しないときついかな」「今よりも稼ぎたいから工夫してみよう」「私を売るのがお店の仕事」と、大抵の場合、この4つの思考パターンに落ち着くのではないでしょうか。

この内2つ目と3つ目の考え方をする人は、この先を読まなくても大丈夫だと思います。すでにご自身で商品価値を上げる努力をしていると思いますので。

1つ目と4つ目の考え方をする人で、特に4つ目の「私を売るのがお店の仕事」という考えを持っている女性で、在籍しているお店で新人期間が過ぎている場合は少し現実を見つめて考えた方がいいです。この考え方は確かに一方では正しいです。だからこそ、お店は新人期間を設けるなどして、お客様にも新人女性入店などと謳って勧めているのですから。

その新人期間に多くの接客をしたにも関わらず、指名客を一人も得ることが出来なかったのなら、それはその人自身の問題ですし、商品価値とも言えます。

即ち、「2回目遊ぶほどでもない」ということです。

少しきつい言い方に感じられるかもしれませんね。もし、そう感じた方にはすみません。

有難いことに、当店に在籍されている女性の中にもこのブログをご覧頂いている方も多くいるとも聞いています。なので、このブログをご覧頂いて「へこむ」とか「むかつく」と思う方もいるかもしれませんし、勿論、他店に在籍されている方も同様に思うかもしれません。

ご意見やご質問なども随時受け付けておりますので、お気軽に仰って頂ければと思います。

話が逸れました。このブログをご覧頂いてマイナスな感情を抱くこともあるかもしれませんが、そこで終わってしまったら現状は何も変わりません。

それが「私は何もしなくても十分に価値がある」という思考にも少し関わってきます。


2.何もしなくても商品価値が高い人は少数
先程、「私を売るのがお店の仕事」という考えの人について書きました。ここで商品価値の話に戻します。お店でものを買う時を考えれば分かりやすいと思いますが、商品価値の高いものはなにもしなくても売れます。逆に、商品価値が低かったり、商品の情報が少なすぎる場合はなかなか売れません。

貴女だったら「何かよく分からないけど、とりあえず値段は結構高いもの」を買いますか?買わないですよね。

価値がそれほどでもないものを売る為に付加価値をつけて商品価値を上げてみたり、値段を下げて買いやすくしてみたりして、お客様の気を引くわけです。

これが風俗業界でよく言われる「稼げる女性はどの店でも稼げる、稼げない女性が稼ぐ為には工夫が必要」ということです。

当店でも稼いでいる女性のほとんどは、元から商品価値が高い人と、正しい方向に努力や工夫をして自分の商品価値を高めている人たちです。稼いでいる人たちは例外なく自分の商品価値を上げるのが上手いです。

なので、風俗業界を見渡してみてあまり稼げていない女性は、きっと「価値のある私を売れないのはお店が悪い」という考え方の人なのではないかなと自分は思います。


3.商品価値を上げるには
このブログは関西の人妻風俗店のブログです。なので、在籍している女性の多くは30代〜40代です。そこで考える商品価値としては冒頭の方で書いた通り、大人の色気、気配り、一般常識を備えた女性との楽しいひと時だと思います。

10代20代の女性にももちろん一般常識を備えた人はいるでしょうが、当店の主な客層である40代50代の男性から見てということなので誤解しないでくださいね。考え方が近いと人は安心するものですから。あまりにも年齢差があると、逆に気構えてしまったりするんです。そこで、考え方が近いことが分かると距離感は一気に縮まります。

気配りにしても、若い女性だったら出来なくても仕方ないと思えるようなことでも、30代以上の女性なら出来ていて欲しいと思う事は男性の願望として普通にあります。

そして、大人の色気。これも意識しないと出すことはできません。街中などで様々な女性を見る機会がありますが、お店で普段接している女性と、そうじゃない女性で、言い方は失礼ですが、同年代でこれほど違うのかと思うこともあるくらいです。ということはですよ、やはり普段から見られることを意識することは重要な要因だと思います。

こう考えるとルックスは重要ですが、メイクの工夫などで案外どうとでもなりますし、人の好みのタイプもいろいろなので対応しやすいかと思います。また、体型にしてもダイエットをするなどで対応することができます。

他に売り出す方法として「写メ日記」もありますが、これだって使い方ひとつで大分結果は変わります。自分よがりな内容だったり、物凄く適当な感じが見て取れるような日記だと「接客もこんなんなのかな?」と思われて敬遠されてしまうかもしれませ。おざなりな感じになってしまうのなら、しない方がマシです。自分の印象をお客様に伝えるツールとして考えて使っていれば、きっと結果につながります。

こうしたことを基本にこつこつと積み重ねていくことで、自分の商品価値は上がっていきます。




以上になりますが、いかがでしたでしょうか?

客心理として、人気があるものならば多少値段は高くても買います。逆に人気が無いものは値段が安くてもあまり買いません。

どうせ風俗で働くのなら、自分の商品価値を高めて人気商品になったほうがいいと思います。

価格と価値が折り合った時に人は購入を意識するものです。お客様が選ばずにはいられなくなるくらいの商品価値を得られるように頑張りましょう。
posted by レイグループ at 15:03 | Comment(0) | 稼ぐコツ!!
2017年10月26日

男性がリピートする理由を知れば本指名は増やせる

本指名増える.jpg
今回は、風俗に来るお客様の男性がリピーターになる理由について書いてみます。今までは、リピーターを作る方法などを書いてきましたが、リピーターになる側の心理を知っておくことも必要ですしね。敵を知り、己を知れば百戦危うべからずと、昔の人も言っています。

さて、ご存知の方も多いかと思いますが風俗の指名客には2種類あります。

一つは、ホームページや写真を見てあなたに興味を持ち、受付で選んでくれたり、電話で予約をいれてくれる(ネット指名)お客様。

そしてもう一つは、一度接客したお客様が貴女の接客を気に入って、再度指名をしてくれる本指名。

この本指名のお客様のことをリピーターとも呼ぶわけですが、リピーターになってくれるということはいい接客ができた証ですし、人気のある女性、稼ぎ続けている女性は必ずこのリピーターをたくさん抱えています。

ですが、どうすればリピーター、つまり自分の本指名客を増やすことができるのでしょうか?

今現在、リピーターが少ない女性にとっては悩みの種となる、これらの疑問を解決しちゃいます。


お客様が本指名をした理由と、本指名をしてもらう方法


なぜお客様は本指名するのか
男性は本能的に新しい相手に興味がわく生き物です。お金を払って風俗遊びをしている以上、いろいろな女性を選びたいと思うのは極めて普通です。それなのに、わざわざ追加の本指名料金を払って同じ女性をリピートする。それは何故なのか。大抵の場合、以下の理由になると思います。

@単純に「その女性」にまた会いたかったから
顔やスタイルが自分のタイプ、プレイ時間中楽しめたなど理由は様々ですが、それらを一言でまとめるなら「気に入った」ということです。水商売程ではないにしろ、風俗でも疑似恋愛は大切な要素になります。

A他の女性よりサービスが良かった
他の女の子はしないことをしてくれた、接客が一生懸命、笑顔に癒されたなど、お客様が心地よいもてなしをされたと感じたり、コストパフォーマンスが高いと感じた時に、次回もリピートする理由が生じます。

Bプレイが上手である
@に書いた疑似恋愛を求めているお客様とは考え方が180度変って、風俗に素人の女性にはない技術を求めているお客様もいます。素人っぽい女性が好まれるとはいえ、そこは風俗。やはりプロとしての技術は必要なのかもしれません。

C次回に基本サービス以上のことを望めそう
挿入禁止のお店で挿入強要をしたり、店外でのやりとりは禁止のお店で店外デートに誘ったりしてくるお客様も普通にいると思います。こういったお客様は決まり文句のように「次は本指名するから」「リピートしたから」と言って、基本サービス以上の事を要求してきませんか?通えばもっとよいサービスが受けられそうな時にも、男性は本指名してしまうようです。


各タイプ別お客様の接客方法
主な本指名の理由は上に書いた通りです。逆に言えば、その理由を満たすことが出来れば、本指名をして貰える確率も上がると言えます。そこで、各タイプ別のお客様の接客方法を見ていきましょう。

@単純に「その女性」にまた会いたかったから
このタイプのお客様は女性との疑似恋愛を内心求めています。恋愛感情に近いドキドキ感を持って貰えれば、リピーターになる確率が上がります。

「でも、お客様に自分を好きにさせるってどうするの?」と難しく感じるかもしれません。実はそんなに難しく考える必要はなく、恋人みたいな接客をするだけでOKです。

お客様に自分を好きになって貰おうをするのではなく、「あれ?この子、俺に気がある?」「なんかこの子といると恋人同士みたいだな」という風に思わせることができれば仕掛けは上々です。

A他の女性よりサービスが良かった
行き過ぎると勘違いしてしまうお客様も中にはいますが、プラスアルファのサービスをしてあげることは、有効です。ただし、ハードプレイをしたからと言って必ずリピートして貰えるとは限らないので注意は必要です。

お客様の満足感に繋がるのは「プレイが丁寧」「プレイが一生懸命」「笑顔や気配り」の3点が出来ていることの方が大きいです。裏を返せば、これが出来てない女性も比較的存在するということなので、この3つは基本として接客をすることで、リピート率は上がるでしょう。

Bプレイが上手である
会話・接客があまり得意でないので技術やプレイ重視でいきたい女性の場合はテクニックを磨く必要があります。お客様を気持ち良くする、喜ばせるためにはお客様が求めていることなどしっかりと観察する必要もあります。

それが出来ないと、いくら技術があっても自分よがりな接客となってしまい、結局は空振りに終わってリピートもして貰えないということになりかねないので注意しましょう。

C次回に基本サービス以上のことを望めそう
正直、困ったお客様ですが、風俗で働いている以上、確実にいつかは遭遇します。何を言われても笑顔ではっきりと断ってしまえば困らされることはありませんが、代わりにリピートをしてくれることもありません。

キャバ嬢の色恋営業の様に駆け引きできるタイプの女性なら、のらりくらりと交わしつつ期待を持ってもらうのも、絶対なしというわけではありませんが、この手のタイプのお客様はやりすぎるとストーカー化したりするので注意してください。


対応は臨機応変に
上に挙げた4つのパターンで、お客様のタイプも対応もまったく違います。また、@のタイプにBの接客をしても反応は微妙です。各お客様のタイプを見極めて、そのお客様にあった接客をすることが重要です。

また、全てのお客様に対応しようとしても無理が生じます。どうしても相性が合わないようなお客様は無理にリピートをして貰おうとしないことも、無理せず風俗で働く為には大事なことです。


リピートし続けてもらう為に必要なこと
これも良く言われることですが、多くのリピーターは本指名3回目くらいで切れていきます。3回目が一つの壁となるわけですが、これを超えて、5回、10回、15回と長期にわたって本指名してもらうコツはただ一つ「飽きさせないこと」。たったこれだけです。

人間はマンネリ化すると飽きる生き物です。風俗で働く女性の場合だと単純作業になってきがちです。そうなると、お客様から見て手抜きやお仕事感丸出しに見えてしまい、リピートをしようという気が起こらなくなってしまいます。

更には、「誕生日や記念日は覚えておく」「前回の話題はしっかり覚えておく」「相手が出した話題について軽く調べて、次回、自分からネタとして振ってみる」ということも出来れば、お客様はその女性に対して親密度が上がります。

そうすれば、あえて新しい女性を探さなくても、その女性を選べば楽しい時間は保証されている訳ですから、自然と本指名するという様になるんです。




以上、いかがでしたでしょうか?
お客様が本指名する理由を知り、それを逆手に取った接客をすることでリピート率は上げることが出来ます。あとは臨機応変に、お客様毎に接客方法を変えるだけです。

「自分にはこの接客方法しかできない」と諦めてしまうのではなく、最低でも二種類くらいは接客方法を覚えておくことも重要です。マンネリ化した時など、いつもと違う接客をするとギャップを感じて、再び新鮮な感じで本指名をしてくれることもありますから。

がんばってくださいね。
posted by レイグループ at 12:13 | Comment(0) | 稼ぐコツ!!