30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2017年08月21日

【不安解決】​風俗で働きたいけどやっぱり不安 その2

不安解決2.jpg
前回の記事で『身バレの不安』と『お子様のこと』について書きました。
今回は前回の続きということで、不安な事の後編、『お客様のこと』『人間関係』などについて書いてます。

それでは、早速、見ていきましょう。




これで安心!風俗の求人の不安なところを徹底解決!その2

1.お客様について
当店もそうなのですが、人妻店の場合、遊び慣れているお客様が多いです。

割合的に若い男性客より大人で紳士的な男性客が多いので、落ち着いて接客ができるのではないでしょうか。また、癒しを求めて来店するお客様も多く見受けられます。

接客に際して、30歳以上で風俗未経験の女性の場合、慣れるまではお店側も配慮して馴染みの優しい常連客をつけてくれることが多いです。そういうお客様は、プレイの際も優しく教えてくれるので、緊張はするかもしれませんが、普通のお客様に比べると大変な思いをすることもなくサービスをすることが出来ます。


お客様によっては特殊なプレイなどを要求してくる方がいますが、危険行為やお店のルールに抵触するようなプレイは断ることもできます。

また、主婦の方の場合、お客様とのプレイで「旦那とは出来ないことも出来る」「女性であることを再確認できる」と、稼げるお金以外にもメリットを感じている方も多くいます。貴女自身、新たな性癖を発見出来たり、女性ホルモンが活性化され若々しく綺麗でいられたりというメリットも得られたりします。


2.職場の人間関係について
勤務先の人間関係も気になるところではないかと思います。女性の多い職場ですから、
風俗で働きたいと思っている女性の中には「私は綺麗じゃないから、嫌味を言われるんじゃないかな?」と心配する人もいます。

確かにキャバクラ等のナイトワークのお仕事では人気争いが激しいイメージがありますが、風俗店ではそんなことはありません。お店のHPに『人気ランキング』などがありますが、あくまでもお客様から見て、遊ぶ女性選びの参考にという意図で掲載しているに過ぎませんし、容姿だけで順位が決まるものでもありません。

他に、風俗店で働く上で、切っても切り離せない関係にあるのが店長やスタッフです。
「風俗」と聞くと何となく「怖い人ばかりだったらどうしよう」と思ってしまいがちですが、実際は全くそのようなことはなく、普通の会社と同じ様に普通の社員さんが仕事として勤務しています。

仕事の性質上、接客経験がある方も多く働いているので接しやすく、話しやすいと感じることも多いのではないでしょうか。

お店によっては個室で待機できるところもあります。こういった設備を備えているお店ならお仕事以外の時間は、人目を気にすることなく一人で過ごすことも可能です。

お仕事の際の基本的なコミュニケーションが取れる方なら、そんなに気にすることなく気づかれなくお仕事に専念できると思います。




以上、いかがでしたか。

風俗のお仕事は高収入を稼ぐことが出来る分、良い事ばかりではありませんし気をつけないといけないこともたくさんあります。ですが、それは、どの仕事を選んでもそんなに変わりはありません。

職業それぞれに良い事や嫌な事があります。人間関係にしてもそうです。

ですが、高額のお給料を貰えて、自由に出勤でき、休みたいときには休めて、人間関係も気にしなくていいお仕事はほとんどありません。悪い部分の噂ばかり聞くこともあるかもしれませんが、実際に働いてみないと分からないこともたくさんあります。

「旦那の収入だけでは生活できない」「育児にお金が足りない」「将来が不安」など様々な動機で風俗のお仕事を考えることもあると思います。

そういった時、悪い噂ばかりに惑わされて不安に思って風俗のお仕事を始められず、ますます状況が悪くなってしまう・・・そんな選択だけはして欲しくないです。

何も一生風俗をやれというのではありません。長い人生のほんの一時、風俗を利用するくらいの気持ちで働いて貰えればと思います。

当店も随時ご質問など受付中です。
困ったことなどがありましたらお気軽にご連絡くださいね。

お待ちしてます。
posted by レイグループ at 11:22 | Comment(0) | 不安を解決します♪
2017年08月20日

風俗で働きたいけどやっぱり不安 その1

不安解消.jpg
風俗で働こうと思った女性の中には「今の収入じゃキツいから働きたいけど小さい子供もいるし、時間の融通が利く仕事にはなかなかつけない」という現実に直面したことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな時、ふと気が付いたらスマホで「風俗 求人」というワードを打ち込んで検索している自分がいたという方もいると思います。

なるべくなら普通の仕事で問題解決したいけど、現実はかなり厳しい。その様な時に最後の手段として、風俗でのお仕事が頭をよぎったり・・・。

とは言え、風俗のお仕事にはまだまだクリーンなイメージではなく「バレたら大変」と思っておられる人も多いのが実情です。

そこで今回は、「風俗で働きたいけど、不安も多くて踏み切れない」という主婦の方やシングルマザーの方が少しでも安心できるように、不安に思う点について書いてみます。



これで安心!風俗の求人の不安なところを徹底解決!

1.身バレ対策について
風俗で働く際に、一番気になるのは、やっぱり「本当にバレないのか」ということだと思います。ご主人やお子様がいらっしゃる方であれば身バレ対策は特に気になるところです。

過去の記事でも何度か書いていますが、風俗で働いていることがバレる原因で実は一番多いのが「自分でバラシてしまう」ということです。

うっかり喋ってしまったり、急に高価な持ち物を持ち出すなど金銭感覚の変化。それまであまりスマホに触っていなかった人が、急に頻繁に触る様になったなど、人から疑われる様な言動をしてしまうことが多いんです。

よくHPの画像とかでバレるという話を聞きますが、そんなことはそうそうありません。

考えてもみて下さい。貴女が風俗店で働いているのを知らない人が、風俗店のHPの画像で貴女に似た人を見つけました。今の時代、風俗で働いている人は沢山います。その不特定多数の内から、貴女を特定できるような人ばかりではありません。

そんなに個人を特定する能力が高めの人ばかりだったら、世の興信所は商売上がったりになるかもしれません。

特定されるのは特定される様な情報、例えば普段身につけている服やアクセサリーなど貴女を知っている人が見たら貴女を連想させるものが写っている場合です。傷やシミ、、ほくろなどは大抵の場合、画像加工の段階で消してくれるお店が多いです。また、顔にもボカシを入れてくれるお店もあります。

お店のHPに載せる紹介文やプロフィールにしても、基本的にお店で働く○○さんという設定で作られているので、本人の正直な情報ではありません。

これらの情報から、貴女を特定するのは難しいですし、もし特定できるとしたら、既に貴女が風俗店で働いていると疑いを持っている人でしょう。そうでない限り、風俗店のHPを見るのは、遊びに行こうと考えているお客様か、働こうと思っている女性くらいです。

HPを見られてバレてしまう段階で、既にその前から不審に思われていた様なものです。
なので、気をつけるべきは自分の言動となり、それさえ注意していれば、そうそうバレることはありません。


2.お子様のことについて
小さなお子様がいる場合、なかなか自由に働きに行けませんよね。そういった場合も風俗店では柔軟に対応してくれます。人妻店であれば、お子様が学校に行っている間にパート感覚で働きに出られるようなお店も多く、学校の行事に合わせて出勤も決められます。

家庭訪問や、三者面談、急な病気や怪我による早退、自然災害の警報などによる終業時間の変更など、お子様の事情で仕事を早退したり休んだりということも、風俗店なら柔軟に対応できます。

これが、パートなどで人員がカツカツのところだとそうはいきません。代わりの人員がいないと業務が回らなくなってしまうからです。自分の都合だけで早退したり休んだりというのは難しいでしょう。

風俗の求人広告を見るとよく見かけることがあると思いますが、風俗は基本的に完全自由出勤です。自分の生活リズムに合わせたシフトを組むことが出来るのが最大の利点でしょう。

風俗で働く女性の中には、旦那さんにバレないようにこっそりパートのお仕事を辞めて、同じ時間帯に風俗のお仕事を入れ、無理なく稼ぐという人も多くいます。

また、週に1日や数時間だけといった働き方も可能なので、家事にも支障が出ることもありません。




以上、いかがですか?
1回で書ききる予定でしたが、少し長くなってしまったので2回に分けます。次回は風俗店に来店するお客様についてと、風俗店に勤務する人たちについて書く予定です。

今回の記事で身バレとお子様についての心配事が少しでも減らすことが出来れば嬉しいです。是非、次回も読んでみて下さいね。

それでは、貴女からの求人のお問い合わせをお待ちしております。
posted by レイグループ at 13:29 | Comment(0) | 不安を解決します♪
2017年07月25日

風俗嬢から昼職へ!履歴書にはなんて書く?

00_PP27_PP_TP_V.jpg
風俗のお仕事は短期間で高収入を得ることができるお仕事です。その分、働ける期間は普通のお仕事よりも短いと思いますし、一生、風俗で働くと考えている人もそうそう多くはないでしょう。

風俗のお仕事を辞めたからといって、まったく仕事をしなくてもいいというわけでもないので、新たな仕事先を探すことになるはずです。その時に必要になるのが履歴書なのですが、履歴書に書く職歴はどうすればいいのか。

今回はその辺りを書いてみます。



【風俗から昼職に転職する時の履歴書の書き方】

風俗の仕事だけをずっとしてきた女性が、いざ昼職に転職するとなると、まず悩んでしまうのが履歴書の職歴でしょう。職歴の部分が空白の場合、面接先で「職歴の空白の部分は何をして過ごしていたか?」を聞かれることはほぼ確実です。

とはいえ、正直に「風俗で働いていました」と言うのはなかなか難しいと思います。
それでは、風俗をやめて昼職に転職する場合の履歴書の職歴は何を書くのか。例えば、以下の様な内容が挙げられます。


・日雇いの仕事をしていたという
「日雇いで働いていた」ということにするのはよくある方法です。短期でも日雇いバイトというのはたくさんありますから、そこでバイトをしていたというのも手のひとつです。もし「ウソを付くのが苦手」という方は実際に日雇いバイトで働いてみると、実体験として回答しやすくなるはずです。


・水商売をしていたことにする
「スナックやラウンジで働いていた」とは書きにくいものかもしれませんが、今の世の中は昔ほど「水商売で働く」ということに対して悪いイメージはないです。女子中高生のなりたい職業でもキャバ嬢がTOP10入りしている、このご時世。昔よりも大分寛容になっていることは間違いありません。

もちろん会社によっては悪いイメージを持つところもあるかもしれませんが、それでも「風俗で働いていた」と言うよりは全然マシです。


・無職だったということにする
「無職で働いていませんでした」とハッキリ言ってしまうのも一つの手です。結婚していて旦那さんに内緒で風俗で働いていた場合は、専業主婦だったと言うこともできます。

ただ、この場合は未経験とブランクがあるということで、面接先からはあまり良い評価は貰えないかもしれません。しかし、人柄重視で未経験者を歓迎してくれる会社もたくさんあるので、割りきって言ってしまうのも手段としては有りかと思います。


・アリバイの会社の名前は書かないこと
風俗店のなかには、「アリバイ会社」の用意があるお店もありますが、このアリバイ会社の名前を職歴に書いてしまうのはやめましょう。

会社名を調べられたり、面接の時に「どんな業務をしていたか」「どんな経験があるのか」と聞かれることがあるので、アリバイ会社の名前を書いてもメリットは一つもないです。




以上、上記を参考にして職歴を補完するというのも手段ですが、現実的なアドバイスとしては、風俗で働く際にも、昼職のバイトなどを掛け持ちしたりして、後々「昼職で働くこと」を常にイメージしておくことが大切です。

友人や知人、親兄弟に「どんな仕事をしているの?」と聞かれるケースは多いと思います。

そうなった時のために、あくまでも風俗は「掛け持ちのバイト」というような感覚で働けば、後々昼職などへ転職する際にも有利です。

風俗のお仕事だけでは失いがちな金銭感覚や社会の常識を維持するためにも、風俗業以外のアルバイトなどを掛け持ちすることも大切かもしれません。

転職サイトにも記載されていますが、例えアルバイトでも立派な職歴になります。中途採用で重視されるのは実務経験が大きいです。

せっかく、仕事時間の調整をしやすいお仕事をしているのですから、将来に備えた職歴を準備しておくことも大事ですよ。
posted by レイグループ at 14:24 | Comment(0) | 不安を解決します♪