30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2018年01月22日

もうすぐ閑散期なのに、また「金欠」を繰り返すの?

やりくり.jpg
世の中、低賃金が何かと騒がれたりしていますが、風俗のお仕事は基本的に高収入です。指名数や出勤時間数ともに平均的な風俗で働く女性の標準的なお給料は1日4万円くらいと言われています。

ここまでいかないにしても、「あまり指名がとれない」「週2日しか働いていない」「長い時間働きたくないから3〜4時間しか働かない」「出勤日も3回に1回は休んでしまう」などなど、風俗以外のお仕事なら確実に怒られる様な働き方をしていても、1日数万円稼げてしまったりするので、一般のOLさんなどより高給取りになることが多々あります。

これだけ稼いでいるにも関わらず、一向に減らないのが金欠を繰り返す人達です。

しっかり稼いできっちり貯金をしている女性ももちろんいるのですが、このような女性達と金欠を繰り返す女性達の差はどこからくるのでしょうか。

ましてや、今のこの時期を含む3月くらいまでは、繁忙期の時と稼ぎの差が大きい閑散期にあたります。そんな時期に無駄遣いをして金欠にならないためにも、今回はお金を計画的に遣り繰りする方法について書いてみます。


風俗で稼いだお金の遣り繰りを失敗しない方法

便利な日払いが浪費癖に繋がる?
水商売とは違い、風俗で働く女性にとって、その日に働いた分のお給料はその日のうちに全額日払いというのは当然のことです。

この日払い制度。急にお金が足りなくなった時など大変ありがたいシステムなのですが、日払いで高いお給料が貰える状況に慣れてしまうと、金銭感覚が狂いがちです。

今の手持ちを全部使っても、また明日、仕事をすればお金が貰えるという安心感。これが女性の財布の紐を緩くします。それほど浪費・無駄遣いをしていない女性でも、風俗のお仕事を始める前に比べれば出費が増えたという人がほとんどです。

ちょっとずつしか使わなくても、その回数が積み重なってしまい、最初に思っていたよりも貯金が増えていないというのは、本当によくあることなんです。


月末や支払日前になって慌てないために
遣り繰り下手な女性によくあるのが、月末になり、家賃やクレジットカード・ローン等の支払日が迫ってくると慌てて出勤を増やすという行動です。

確かに支払いが目前で、手持ちが足りないとなればこうするしかないのですが、こういうことをする女性は大抵毎月同じことをしています。

「支払い間に合わない」「あと〇日で〇万円必要」と騒いでみたり、騒がないにしろイライラが隠せなくなってみたり。あまつさえ、「暇な店」「電話が鳴らないのはスタッフがさぼってるから」「あの人ばかり指名が入る。贔屓してるんじゃない?」などなど、うるさく文句を言いだす困った人もいたりします。
 
そんな時、それを見たり聞かされているスタッフは表面上、何事もなかったかのようにしていますが内心は「だったら普段からちゃんと出勤して」「今月、相当稼いでるだろうに、そのお金は?」と思っています。

というのも、大半の風俗店スタッフは、風俗で働いてる女性の月収よりもずっと少ない金額で、1日12時間くらい、休みもあまりない状態で働いているからです。

そうならない為に、まず考えないといけないのは、お金の使い方です。元々遣り繰りするのが苦手な人や、お金を使う事が好きな人にとっては難しく思うかもしれませんが、先に稼いで、貯金をして、支払うべきものを支払ってから、残りのお金を使うというのが基本です。

稼ぎに波があり、多く貰える日もあれば少ない日もある日払いの風俗のお仕事をするにあたって、上記の様な金銭感覚を身につける必要があります。

そして、もし貴女が「自分の月々の稼ぎ」「毎月固定の出費(家賃・光熱費・生活費など)」がいくら必要かを把握していないのなら、きちんと把握しておくことも必要です。


繁忙期と閑散期も考える
風俗のお仕事には繁忙期と閑散期があり、日払いで貰っているお給料も毎日変化します。1日で70000円超えた日もあれば、20000円で終わってしまった日もあるという風にです。

なので、自分の収入を考える時に、1日にいくら稼げるかではなく、1ヶ月あたりでいくら稼げたを基準にするべきです。指名が多く、出勤するたびに予約で埋まってしまうような女性ならば稼げる金額に波はありませんが、そうでない女性ならば必ず波があります。

こうした理由から、1ヶ月あたりの稼いだ金額にしても稼げなかった時の金額を基準にすると、より安全です。

例えば、風俗の仕事を始めて半年ほど経ち、気が付けば昼職の時の4倍も5倍も稼いでいる。これだけ稼いでいるし、家賃が3倍くらいのところに引っ越しても大丈夫だろうと、軽い気持ちで引っ越しをしてしまう。

こういうのは本当に危ないです。

もし、その稼いでいた期間が繁忙期だった場合、閑散期になったらその半分くらいの収入に下がってしまうというのも風俗ではよくあります。

そうなってしまって、家賃の支払いに追われた時に「やっぱり引っ越さなければ良かった」と思っても後の祭りです。

そうならない為にも、基本は風俗以外の仕事で自分が稼げる金額で生活することを心掛け、風俗歴の長い人なら今までで自分が稼げなかった時期の月収を基準にして、それよりも多く稼げた時は貯金に回すのが賢い方法です。

こうしておいての、たまに自分へのご褒美程度なら全然問題ありません。




以上になりますが、いかがでしたでしょうか。

風俗のお仕事には繁忙期や閑散期をはじめ、稼ぎの波はつきものです。せっかく一般のお仕事の何倍ものお給料を手にしていながら貯金もできず、毎月支払いに追われて、財布の中がいつも寂しいのでは考え物です。

日払いで高収入の風俗のお仕事には誘惑が多いのも事実です。ですが、その誘惑を断ち切って、計画通りに生活しようとする気構えも大切です。

風俗を始める大半の人は、無駄遣いをしようと思って風俗を始めたわけではないはずです。

寄り道はなるべくしないで目標を達成できるように頑張ってくださいね。
posted by レイグループ at 20:25 | Comment(0) | 不安を解決します♪
2018年01月08日

待機中、他の女性と関わりたくない!そんな時に読む話

待機時間の過ごし方.jpg
風俗のお仕事では、接客の合間やお仕事がつくまでの待ち時間など、女性に待機していて貰う際に『集団待機』というシステムを採用しているお店が多いです。

大き目な部屋に、待機中の女性が集まり、自由に時間を過ごして頂くわけなんですが、ここで問題になってくるのが人間関係です。

多数の女性が集まると、どうしても、好き嫌い、合う合わない、仲がいい悪いという人間関係や派閥のようなグループが発生しがちです。更には、稀にとても変わった人がいることもあったりします。

これは決して風俗に限った事ではないと思いますが、どんなお仕事でも100%自分と合う人ばかりの職場というものはなかなかありません。

そして、全員が話好きというわけでもないのも事実です。あまり社交的でない女性や、お客様以外とはできるだけ関わりたくないという女性だって当然います。

そんな女性にとっては、他の女性が仲良くはしゃいでいるのを聞いているだけで「もう少し静かにしてくれないかな」とか「うざい」とか「詮索はやめて」と感じてしまうことがあるかもしれません。そう思う自分を「もしかして私って我が儘?愛想無し?」と感じてしまうこともあるでしょう。

でも大丈夫です。

「他の女性と一緒にする待機が苦痛」と感じている女性は貴女以外にも実は結構いるんです。

前置きが長くなりましたが、今回は待機に対する考え方を書いてみます。


何の為に風俗で働いているかで、待機時間の過ごし方も変わる

他の女性と関わらなくても良いお店と駄目なお店
基本的に当店は「他の女性と関わらないこと」を推奨しています。

理由はいろいろありますが、揉め事や風俗で働いていることがバレることを防ぐため、友達を作る場所ではないからです。関わるにしても挨拶など最低限のことはしっかりして、待機時間はそれぞれのお仕事の準備や写メ日記の更新、休息に充てて貰えればと考えています。

他の高級店などでも「他の女性とは関わらない方がいい」とされていることが多いです。

これがキャバクラとかだと逆に関わることが必要になるかもしれません。何故ならキャバクラはチームプレイだからです。会話が上手い子、お酒が強い子などそれぞれ得意分野でお互いをフォローしあうことが自分の売り上げに繋がります。

ですが、風俗は個人プレイです。3Pコースなら協力は必要ですが、そうでない限りは必要ありません。接客時間中になにかあった時など頼りになるのはスタッフであり、他の女性ではないからです。

なので、必要以上に関わることなく、人それぞれがお互いを尊重しながら待機して頂くのが理想の姿です。一人でスマホを見ていたり、本を読んでいたりしていても居心地が悪くないし、周りから浮いてしまうわけでもない。これが普通です。

ところが、お店によっては「女性全員が集まってずっとお喋りをしている」「新人女性が入店すると、在籍女性が詮索するような質問をして根掘り葉掘り聞きだし、それをスタッフが見ていても止めない」「他の女性の迷惑など考えずに大きな声でお客様やその場にいない女性の悪口など、聞いていて気分がいいものではない話で盛り上がっている」という様なことがあるお店もあると、面接に応募してきた女性から話を聞いたりします。

出勤するたびにこのノリで、スタッフも止めないどころか参加しちゃってるようなお店だとしたら、先ほどとは逆に、待機中に他の女性と関わりたくないという方が浮いてしまいます。

そこで、もし貴女があまり人と関わりたくないタイプなら、面接の際に待機中の様子を尋ねてみるのがいいでしょう。仲良しムードやアットホームな点を強調してくるようなお店だったら、もしかしたら関わり合いが必須のお店かもしれません。


待機室の雰囲気が悪いと疲れる
上に書いたような感じでうるさいだけではなく、派閥があるとか、あからさまに感じの悪い様な態度を取る人がいたら、精神的にも疲れてしまいます。

接客でお客様に気を遣ったりして体も気持ちも疲れているところに、お店で待機中にも気を遣わないといけないとなれば休息している暇がありません。

お店での在籍期間が長い、出勤が多い、人気がある、気が強い、社交的といった女性はどこのお店にもいます。しかし、これらの女性の中に自己中心的な人がいて、更にはその人がスタッフよりも立場が強かったりしてしまうと、もう目も当てられません。

個人的な好き嫌いだけだったら、お互いに大人ですから、最低限の挨拶をするとかしていればどうにかなるかもしれませんが、周囲を巻き込んでくるような人がいる場合はスタッフに相談したり、最悪、お店を変えた方がいいかもしれません。

良心的で、スタッフがしっかりしているお店なら、そういった際の対応もきっちりしてくれるはずです。もし、スタッフが何も言えなかったり、一緒になって騒いでしまう様なお店だったら、お店を変えましょう。

他の職業ならともかく、風俗店は他にもたくさんありますから。


女性特有の派閥や人間関係に疲れて風俗に転職する人も少なくない
風俗で働く女性の中には、面倒な派閥や人間関係が苦手な人も少なくありません。昼のお仕事で、そういう経験をしてストレスを溜め込んだので二度とそんな経験はしたくないからと、風俗を選ぶ女性も増えています。

なぜ風俗を選ぶかと言えば、仕事は完全に個人プレイで、他の仕事に比べると同僚との人間関係も希薄、時間も融通が利くし、給料もいいからです。

世の中で一番多い転職理由は「人間関係」とも言われていますが、あながち間違いではないのかもしれません。

それくらい、人間関係が辛くて、それまでの仕事を辞めて風俗を選んだという女性は多いです。


集団待機じゃないお店もある
人間関係から逃れるために風俗のお仕事を始めたのに、そこでも人間関係に悩まされたら本末転倒です。そんな時、チェックしておきたいのが個室待機ができるかどうかです。

個室待機なら煩わしい人間関係に悩まされることなく、お仕事に専念できます。余計な気遣いも無用ですので、休息は休息として自分がお仕事をしやすいように過ごせます。

しかし、時には誰かに仕事の悩みを相談したい時もあるはずです。相談とまではいかなくても軽く愚痴を言いたい時だってあるでしょう。そんな場合には集団待機の方が都合がいいかもしれません。

周りにいるのは、自分と同じ風俗で働いている女性です。同じ悩みを共有している同志でもあります。他の人には話しづらいお仕事のことも、同じ仕事をしている女性となら気軽に話すこともできて、少しは気が紛らわせるかもしれません。

待機形態で働くお店を考える時は、自分が一人でも耐えられるかどうかも加味した方がいいかもしれません。

お仕事をする上で、自分が何のために風俗で働くのかはとても重要なことです。働きやすい環境を作るのもとても大事なことですよ。




以上になりますが、いかがでしたでしょうか。
お金を稼ぐ為に風俗で働いている人、友達を作りに来た人、風俗でしか働けない人などさまざまな人がいます。一人でも頑張れる人、頑張れない人もいるでしょう。

当店は、どちらの待機形態も採用しています。個室待機もあれば、集団待機もあります。ただ、どちらで待機して頂く場合も共通しているのが当店「お店は友達を作りに来る場所ではない」という認識です。

当店を選んでくれた女性に稼いで頂きたいから、お仕事をしやすい環境を用意して、徹底的にサポートできるようスタッフ教育をしています。

また、集団待機、個室待機と用意はしてますが、普段は個室待機を使用して愚痴を言いたい時だけ集団待機をするというのは原則的に禁止です。都合のいい時だけ愚痴を言いに来られては、普段から集団待機している人達も気分がいいはずがありません。

当店は風俗で稼ぎたい貴女を全力で応援します。風俗で働いて稼ぎたいとお考えの女性は是非、ご連絡くださいね。
posted by レイグループ at 19:04 | Comment(0) | 不安を解決します♪
2017年10月19日

風俗で働いても高収入にならないパターン

本当に高収入.jpg
皆さんはどうして風俗のお仕事を始めようと思いましたか?やっぱり、お金の為って言う人がほとんどですよね。

お金が必要で、お金がたくさん稼げるから風俗で働く事を考えた。当たり前と言えば当たり前な心理です。それでは、その稼げるという風俗のお仕事で働く女性の平均的な月収はご存知ですか?

これも諸説ありますが、大まかにいうと平均的な月収は30万円程度に落ち着くそうです。

「風俗やってるのに、そんな収入じゃ無理!」って思うかもしれません。ただ、これは全体の平均なので、本当に稼いでいる人は月100万以上も稼いでいますし、1日2時間くらいで週1回勤務の人とかは月5万円のお給料という場合もあります。

そう言った、時間も日数もバラバラなのを考えずに算出したのが月30万というわけです。

ここで一つお伝えしたいことがあります。それは、出勤時間や日数以外にも平均金額を下げることになっている女性もいるという事実です。

その『稼げてない女性』が「あそこの店は暇」「そこは客層最悪」などいう自分の体験だけに基づいた主観的な稼げない情報を拡散した結果、働くお店を探している別の女性が、本当は稼げる店なのに「稼げない」という情報を聞いてしまったために他のお店を選んでしまったなんていうこともあります。

その結果、稼げないお店に入店してしまい、ますます収入の平均を下げることに貢献してしまったり・・・。ということで、今回は「こんなことをしているから風俗で高収入を稼げない」という例を挙げてみます。




風俗が高収入な仕事にならない働き方の例
基本的に風俗のお仕事は基本的なことが出来れば稼げます。ですが、その当たり前のことができない女性も沢山いるんです。風俗の面接に申し込んでくる女性の場合「お金を稼ぎたい」という動機がほとんどのはずなんですが、「本当に稼ぎたいの?」と思ってしまう人の特徴をまとめると以下の様になります。


1.月に数回しか出勤しない
目標としている金額が低かったり、空いている時間で小遣い稼ぎとかの場合は全然問題はないのですが、ある程度の金額が欲しいと主張しながらも、圧倒的に出勤日数が少ない人ですね。高収入を稼ぐのなら、そもそもある程度の出勤日数は必要です。

2.1人の接客で満足する
たまにですが、1人接客をした後、「今日はもう帰りたい」オーラを出してくる人もいます。恐らく本人はそれで満足をしているのだと思いますが、出勤時間によっては「その金額なら風俗じゃなくてもいいのでは?」と考えてしまう時もあります。

3.待機室で寝ている
寝るなとは言いません。軽く目を閉じて仮眠程度なら風俗は体力勝負ですし、体力回復の為にもいいと思います。ただ、予約も何も入っていない状態で、出勤早々、写メ日記を上げるでもなく、本気で寝込まれてしまうと「稼ぐ気ないのかな」と思ってしまいます。寝るにしても、写メ日記をアップしてみるとしてからにしましょう。

4.待機中は自由時間と勘違いしている
待機時間を自由時間と勘違いしている人も意外と多いです。待機時間は次のお仕事の準備をして、いつお仕事が決まっても大丈夫なようにしておくための時間です。もちろん、食事や休憩なども必要ですが、待機している時は出勤していても風俗のお仕事でお金が発生していない時間です。

その時間にスマホでゲームとかをしているのももったいないと思います。また、1時間も2時間も待機時間があった場合は、多少の危機感を持った方がいいかもしれません。

5.稼げないのは自分の責任じゃない
自分が稼げないのは、お店が悪い。こんな風に責任転嫁をしてしまう人も多いです。確かにお店に原因がある場合もありますが、それでも、新人期間のうちは多く接客をさせてもらえたはずです。その接客をしたお客様が誰も指名してくれなかった結果が稼げていない現状であるのなら、本人にも原因はあるのではないでしょうか。

6.当日欠勤が多い
風俗業界に携わって10年以上になりますが、当日欠勤をする女性は本当に多いです。「え、そんな理由で?もうご予約頂いているのに」となる時もあります。

当日欠勤が多いと、お客様側からしても予定を調整して予約しているのにキャンセルが多いとなると、どうしても選びにくくなります。「予約してもどうせキャンセルになるから他の女性にしよう」という感じでしょうか。

当日欠勤は長い目で見ても得はありません。損ばかりです。やむを得ない事情の時は仕方ありませんが、気分で休んだりしないよう注意しましょう。

7.目標がない
風俗のお仕事は基本的に全額日払いです。稼いだお金はその日のうちに使ってしまうというその日暮らしのようなことできてしまいます。そうなると、「とりあえず最低限これだけ稼げばいいや」となってしまい、仕事に対するモチベーションも下がってしまったりします。そうなると、無理して稼ごうという気はなくなっているので、結果的に風俗のお仕事をしているのに稼げないということになってしまいます。




以上、いかがでしたでしょうか?

最初に風俗のお仕事の平均月収は30万円と書きましたが、稼いでいる女性はもっと多く稼いでいますし、そんな女性はたくさんいます。

当たり前のことを当たり前に頑張れている女性は、普通に稼ぐことができているんです。当たり前のことをせずに「この店暇だわ。稼げないし」と言うのは、その人が招いた結果です。

そういった人たちも風俗嬢として一括りにされてしまうので、全体的に見ると風俗嬢の平均月収は思っているほど高くないという様に見えてしまいます。

ですが、上に書いた稼いでいない人の特徴に当てはまるようなことをしなければ、大抵の場合は稼げます。これらの例を反面教師にして、どんどん稼いでくださいね。

当店は稼ぐ為に頑張る貴女を、全力で応援します。
posted by レイグループ at 17:59 | Comment(0) | 不安を解決します♪