30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog Top > トラブル回避 > スタッフが原因で店を辞めるか悩んだ時の相談先は?
2018年06月21日

スタッフが原因で店を辞めるか悩んだ時の相談先は?

相談先.jpg
日々、風俗のお仕事をしていると本気で仕事に行きたくなくなる時があると思います。
原因としては「思ったように稼げない」「嫌なお客様に当たった」「お店に嫌いな人がいる」などが多いのではないでしょうか。

風俗で働いているのに稼げないのも深刻ですし、接客業ですから当然、嫌なお客様に当たることだってあります。そして、お店に嫌いな人、これは同僚の女性とかスタッフですね。よくある職場の人間関係が嫌になるということです。

それでも、多くの場合、風俗は個人プレーですので他の女性とは最低限の接触をするだけで済みます。ところがスタッフに関してはそういう訳にはいきません。何故なら、お客様と女性を繋ぐのがスタッフの仕事だからです。

そんなスタッフも人間ですので、仕事の能力は人によって違いますし、時には仕事に対する能力に不満を感じてしまうことだってあるかもしれません。

お客様や女性に対する扱いが雑だったり、仕事が適当だったりと酷いスタッフがいる場合もあるでしょう。自分が働いている店で、今、まさにそんなスタッフがいたら、いったい誰に相談したらよいのか。

今回はスタッフに困っている時の相談に関してです。


困ったスタッフに悩んでいる時は誰に相談する?
さて、どんなスタッフが「困ったスタッフ」に該当するのでしょうか。まずは、例を挙げてみたいと思います。

1.仕事が全然できないスタッフ
「予約がきちんと取れていない」「連絡ができない」「重要事項の伝達ができない」「嘘をつく」「接客が適当」など通常業務に支障をきたしてしまうスタッフだと厳しいです。

お客様の対応でスタッフが躓いた結果、そのとばっちりを受けるのはその後接客する女性ということにもなるからです。

八つ当たりされた女性がそれをお店に報告した場合、上記の様なスタッフに限って、自分の非を認めずにお客様や女性に責任転嫁してきます。

「いやいや、その原因を作ったのはアナタだから」と言いたくなってしまいますよね。


2.風紀違反やセクハラをしてくる
風俗や水商売でほぼ必ず禁止されているのが風紀違反や女性に対するセクハラです。要は売り物に手を出してはいけないってことなのですが、それにも関わらず手を出してしまうスタッフがいます。

風俗未経験者や初心者が実技講習を嫌がったり怖がったりする大きな理由が、スタッフによるセクハラ講習をされるのではないかという不安です。こんな理由で求人の応募先の候補から外されてしまうことはお店としては非常に避けたいことです。

なので、大抵はどこのお店でもスタッフと在籍女性の交際やセクハラは風紀違反として厳しい罰則を科しています。

それでも網の目を搔い潜るように、しつこく飲みに誘ってきたり、性的な関係を求めてきたりするのは一種の病気なのかもしれません。


3.女性に対する態度が横柄すぎる
風俗のスタッフの基本のお仕事して「在籍している女性が安心して気持ちよく稼げるようにサポートする」というものがあります。これは大変重要な仕事です。

働く女性のモチベーションを上げて頑張って頂くことで、お店の売り上げも増えます。それなのに、その女性に対して横柄だったり、モチベーションを下げるようなことを言ったり、上から目線で失礼な態度を取ってみたりするスタッフも稀にいます。

あくまでも主役は女性で、スタッフはサポートという役割分担をしっかりと認識できていないと厳しいです。


4.贔屓が酷い
基本的に、在籍している女性は公平に扱うのが風俗のスタッフとして当然のルールです。とは言え、出勤や勤務の状態、指名数、お客様の評判などによって評価にも当然差はでます。お客様にお勧めする女性は、出来る限り安心してお勧めできる女性を優先するからです。

また、こまめに相談に乗ったりなどフォローが必要な女性もいれば、必要最小限しか関わって欲しくないというあっさりした女性もいるため、対応の度合いが人それぞれになってしまうのもやむを得ないことです。

それでも出来る限り同じように接することがスタッフの仕事ですが、中には自分のお気に入りの女性にばかり稼がせようと仕向けるスタッフもいます。お気に入りの女性ばかり構って、そうではない女性にはどこか冷たい。

お金を稼ぐ為に風俗で働いているのに、贔屓があって自分には冷たいとなるときついですよね。


相談相手は店長、もしくはその上の役職の人
上に挙げたような困ったスタッフに悩まされている時は、まずは店長に相談するのが一番確実です。通常、店長は一般スタッフと同じ仕事内容に加えて、スタッフの管理もする立場です。スタッフの素行不良が原因で在籍女性が減り、結果的にお店の売り上げが下がるようなことになれば、店長の評価にも関わってきます。

なので、きちんと相談すれば、何らかの対処をしてくれるはずです。しかし、万が一、店長に相談しても無駄だった時はどうしたらよいのでしょうか。

選択肢は二つ。一つはそのお店を辞めて他のお店に行くことです。二つ目は、個人店かグループ店にもよりますが店長よりも上の役職の人がいるなら、その人に相談することです。

当店の場合ですと、店長の上にはグループを統括している部長がいます。
なので、店長に相談してみて解決しなかったら部長に相談してみてください。

もし、それでもダメだった場合の相談窓口として、当店の場合はオーナーへの連絡先も告知しています。スタッフのことで困ったことがあった時、相談できる相手が複数いるので、安心してお仕事をして頂けると思います。




以上になりますが、いかがでしたでしょうか。

「スタッフがあまりにも酷い」などという時は泣き寝入りをせず、店長やさらに上の役職の人に相談しましょう。

風俗未経験だったり、初心者の女性の場合、相談するより泣き寝入りを選んでしまう人が特に多いようですが、きちんと相談すれば何かしらの対処をしてくれます。

せっかく風俗で働く決心をしたのに、心無いスタッフのせいでその決心が揺らいでしまうのは正直もったいないです。

女性が高収入を稼げる環境を作ることで、お店の売り上げも増えます。どちらもWinWinの関係になれるんです。お店選びに迷っているなら、スタッフには断然の自信がある当店も是非検討してみてくださいね。





posted by レイグループ at 17:38 | Comment(0) | トラブル回避
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: