30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog Top > トラブル回避 > 理不尽すぎるクレームはもう嫌!クレームを防ぐ方法
2018年01月14日

理不尽すぎるクレームはもう嫌!クレームを防ぐ方法

クレーム防ぐ.jpg
風俗のお仕事をしていると、切り離せないのがアンケートの結果です。当店でもアンケート割引などのイベントを常時行うなどして、スタッフや在籍女性に関しての情報収集に余念がありません。

そんなアンケートですが、常に良い事ばかり書かれるとは限りません。人間同士ですから相性などもあるでしょうし、その時の状況などもあるとは思いますが、頂いたアンケートの結果があまり良くない時も当然あります。

お客様は十人十色。10人中10人が完全に満足することはありませんし、その10人ともが普通の考え方をする人とも限りません。

稀にですが「最初から分かり切っていることを聞いてくる」とか「指名料をケチってお任せにしたものの、好みじゃない女性で不満」とか「挿入等の禁止行為や、過剰サービスの要求が通らないことへの不満」などをぶつけてくるお客様もいます。特に、過剰サービスが通らないことに不満など、逆に、何故、それが通ると考えてしまえるのかを教えて欲しい時だってあります。

とは言え、アンケートの結果がいつも悪かったり、お客様から接客中やプレイ後にお店にクレームが入るようなのも困ってしまいます。

これが、既に何十人、何百人も接客をしてきてお客様の評価が高い実績のある女性だったら、お客様の方が恐らく「変わった人」もしくは「ただのクレーマー」とお店側も考えます。ですが、そういった実績のない女性の場合、どちらの言い分が正しいのかは正確に判断しかねることもあります。

風俗に限らず接客業・サービス業と言われる仕事にはモンスタークレーマーと言われる様な理不尽なクレームを出すお客様もつきものです。

自分では一生懸命頑張っているつもりでも、アンケートの結果が芳しくない、クレームを入れられてしまって、まだお店に入って日が浅いのになにか気まずい。はたまた、お店はフォローしてくれたけどクレームが酷すぎてトラウマになってしまったりと、クレームが入ることで精神的にへこんでしまったり、モチベーションが維持できなくなったりする女性も多いはずです。

そんなクレームを防ぐ為に大事なのが、これから書く内容になります。しっかりポイントを押さえて、クレームを未然に抑えられるように活用してくださいね。


クレームを入れられる前に、未然にクレームを防ぐポイント

1.基本コースのプレイは一通りすること
まずは基本として心掛けたいのが、お店の基本コースのプレイは一通り全部するようにしましょう。お店で決められている仕事の手順やプレイの内容を守ことで、お客様が支払った料金分のサービスは提供することになります。

それさえクリアできれば、お客様からのクレームの内、料金に関することは防ぐことが出来ます。何故なら、お客様もサービス内容に納得して料金を支払い、その料金分のサービスは受けたからです。

それでもクレームを出してきた場合は、単にお客様自身の女性の好き嫌いや相性によるものだと言えます。そんな時は、お客様自身に指名料をしっかりと払って頂いて、お好みの女性を選んで貰うしかありません。

その為に、様々なタイプの女性をお店は抱えているんですから。指名料は払わない、好みの女性を選ぶというのは通りません。

また、お客様の中には「○○は要らないから」と基本プレイのいくつかを拒否する人もいると思います。本指名のお客様やリピーターさんなど気心の知れたお客様なら構いませんが、ご新規のお客様の場合は必ず再度確認してください。

「そういうのお嫌いですか?」とか「頑張って気持ちよくするので、良かったら・・・」と軽くで構いませんので、しっかりと確認しましょう。

というのも、ここで「しなくて済んでラッキー」となってしまうと、大抵の場合、後で「あまりサービスしてくれなかった」と理不尽なクレームが入ります。そこでどんなに「お客様がしなくてもいいと言った」と言ったところで後の祭りです。

お店からもきっちり仕事をしない人という風に思われ兼ねません。そうならない為に「お客様が要らないとはっきり言ったから、そのサービスをしなかった」という確認が必要なんです。

「しなくていいんだ!ラッキー♪」ではなく、「私は喜んでそれをしますけれど、お客さんが要らないとハッキリ言ったから、じゃあしませんよ」というポーズです。

そして、自分の接客ノートにもしっかりとメモを残すことで、クレームから自分を守る為だけではなく、自分に指名が返ってきたときにも以前のやり取りが分かっていれば役に立ちます。


2.時間管理はしっかりと
お客様が一気に不信感を抱く原因として、お金と時間が挙げられます。この内、お金についてはお客様がお店に来店されている場合は心配無用です。注意したいのが待ち合わせ型など、自分でお金の受取などをしないといけない場合です。

風俗での遊びに慣れていて、金額や時間の差異などはっきり言えるタイプの男性なら話はそうこじれることはありません。問題になるのは、はっきり言うのがあまり得意ではないタイプの男性です。

コースや料金が自分が思っていたのと違う場合にはっきりとそれを聞くことが出来ずにお店や女性に不信感を持ったままサービスを受ける人もいます。

写真詐欺に遭ったり、時短や時間稼ぎをされたり、手抜きをされたりという嫌な経験をしたことのあるお客様にとって、時間とお金は踏んではいけない地雷ポイントです。

これを踏んでしまうと、こちらの謝罪も説明も聞いて貰えなくなるくらいの状態になることが多いです。

コース時間や料金、お釣りは基本的なことなので間違えないように注意しましょう。


3.笑顔と丁寧さが大切
これも風俗に限ったことではありませんが、クレームが入りそうな時って、なんとなく事前にわかることって多いと思います。

プレイ中は楽しんでいるような反応だったのに、掌を返したようなクレームを入れられたりすると、人間不信になりそうになってしまうかもしれません。が、こういうのは稀で、大抵の場合は、なんとなく合わないなと嫌な雰囲気を感じたまま、プレイをして、お別れするような感じではないでしょうか。

相性もありますが、なんだか合わないなという時も顔はしっかりと笑顔で、丁寧な接客を心掛けましょう。これさえできていれば、お客様側も一方的に悪者になりたくないので、クレームは控えようという気になるはずです。


4.こじれそうな場合は無理せずお店に連絡
滅多にないことですが、たまにびっくりするような悪質なクレーマーもいます。そのようなモンスタークレーマーでなくても、感情が沸騰しやすく怒鳴るタイプのお客様もいます。

そうなった時は無理せず、お店に助けを求めましょう。しつこい本強をするお客様の場合も同様です。

そういう問題が起きた時の対応も考えて、しっかりとした対応ができるスタッフがいるお店を選ぶことも大切です。




以上になりますがいかがでしたでしょうか?

クレームが入るとお店から自分がどう思われるかが心配な人もいるでしょう。そんな時に大切なのは普段からの仕事ぶりです。

出勤や接客、お店での態度などがきちんとしていれば、お店はその女性を信頼します。お店と信頼関係が構築されている女性に、たまたま1人のお客様がクレームを入れたからと言って、それを全て受け入れることはありません。

必ずどちらの言い分も聞いた上で判断するのが普通です。お客様側の話しか聞かずに一方的に批判されるような時は、普段からクレームが多いか、お店の対応力が低いかのどちらかです。

普段から仕事をきっちりとしていれば、必ずお店は女性の側に付きます。なので、常日頃、きちんと仕事をしている自覚があるのなら、クレームを過度に気にする必要はありません。

思い当たる部分があったら改善すればいいんですから。

それでも、クレームは出されたくないという場合は、上に書いたポイントに気をつけるだけでもかなり違います。

是非、試してみて下さいね。


posted by レイグループ at 23:25 | Comment(0) | トラブル回避
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: