30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog Top > こんな理由でおススメします! > ​30代40代の女性が未経験で風俗を始める前に知って欲しいこと
2017年12月25日

​30代40代の女性が未経験で風俗を始める前に知って欲しいこと

前情報.jpg
業界未経験・・・、いい響きですよね。当店だけではなく風俗業界では「業界未経験」の女性が大人気です。そして、風俗未経験の30代40代の女性が業界デビューすることも少なくありません。

更には、風俗どころか、キャバクラやラウンジやスナック、ガールズバーなどの水商売の経験もないという人や、専業主婦の期間が長く外に働きに出ること自体が久し振りという人も珍しくは有りません。

そんな女性たちが何故、風俗で働くことになったかは事情も様々ですが、風俗業界としては少し遅めのデビューということになります。

遅いデビューだからこそ、時間を無駄にしたり後悔しない様に、また、何も知らないと思って無茶振りをしてくるお客様に騙されたりしないように知っておいて欲しいことがあります。

そこで、今回は30代40代の風俗未経験の女性が風俗で働く前に知っておいて欲しい事を書いてみます。


風俗で働く前に知っておいて欲しいこと
【30代40代でも風俗で働いている人は普通にいる】
風俗と聞くと若い女性の仕事と思う人もいるかもしれません。しかし、今の世の中、30代40代でも風俗で働いている人は普通にいます。

50歳くらいで風俗で働いているというと驚かれたのは昔の話。

今は30代なら若妻で普通に売り出しています。30間近の20代でも幼な妻です。40代でさえ、ただの人妻・熟女という括りです。

50代60代のお店さえ存在しています。

こんな環境下で「30代40代にもなって風俗なんかとても・・・」なんて落ち込む必要はまったくありません。逆に、経済力もあり風俗遊びを好むお客様も年齢を重ねてきた今、30代40代の女性こそがお客様に求められているのです。

お客様に求められているということは需要があるということ。需要があるということは『稼げる』ということです。


【未経験の女性にこそ人妻店が安心】
風俗店には当店も含む「人妻店」や若い女性メインのお店、熟女店やSM店などいろいろな種類があります。幅広い年齢層の女性を採用しているお店もありますが、30代40代で風俗未経験なら、人妻店を選ぶのが安心です。

例えば30代ならば、まだまだお姉さん系と呼ばれる店で働くことはできます。ただ、そういったお店の場合、20代前半の女性も在籍していたりと、年齢的に不利なのは否めません。ともすれば「お姉さんじゃなくて、おばさんじゃん」などと言われ兼ねません。

そうならない為には、人妻店を選ぶことが最良なのです。何故なら、人妻店でメインとなるのは30代40代の女性です。また、お客様もどちらかと言えば、同年代よりも年配の方の方が多くなり、そうしたお客様から見たら30代でも全然若いです。

更に、お客様は「年上の女性=経験と技術が豊富」と捉えやすいです。風俗で働くのが初めてなのに、それを求められても困ってしまいますよね。

人妻店の客層ならば、そういった心配もありません。逆に「素人っぽさ」「初心な感じ」が受けて人気になることが非常に多いです。


【業界未経験の素人という肩書は強力な武器になる】
風俗業界で10年、20年の経験を持つベテランの風俗嬢と張り合ったところで、リピーターの数や技術に最初から勝てることはそうそうありません。

であればこそ業界未経験、素人、男性経験少な目などをアピールすべきです。風俗業界の特異な特徴として「新人」が持てはやされるというのがあります。これは、仮に前職も風俗だったとしても、店が変われば新人扱いということなのですが、「業界未経験」の場合はこれを遥かに上回る人気となります。

それくらい「業界未経験」という肩書は強力な武器となります。そして、武器を手に入れたら次は自分を守る防具です。

風俗で怖いのは「身バレ」です。そして、この身バレは統計上、自分が原因であることが非常に多いです。

うっかり本名や実年齢、住んでいる場所を喋ってしまう。風俗で働いている理由、いくら稼いでいるかなど言わなくてもいいことをボロッと言ってしまうのです。

そうならない為にも、お仕事用の身の上話は入念に作りこんでおくことです。

風俗のお仕事時に使う偽の年齢、干支、名前など風俗で知り合った人向けの偽の個人情報。これさえきちんと準備が出来ていれば、何かを聞かれた時に迂闊に本当の情報を言わずに済みます。

自分の個人情報を出来る限り出さないことが風俗で働く上で身を守ることに繋がります。

さて、この二つを備えたなら、あとは貴女に大切なのは「一生懸命さ」です。風俗というお仕事なので過激なサービスをしなければならないと身構える必要なんかまったくありません。

それよりも「恥じらい」の方が余程大切です。経験が少なくて多少プレイがぎこちないとしても、業界未経験ならそれは魅力と取られます。

恥じらいと一生懸命さをもって接客をしていくうちに、技術は後からついてきます。まずは目の前のお客様に精一杯喜んでもらえる様に頑張りましょう。


【商品としての見た目は大切にする】
30代40代と年齢が上がるにつれて、女性の見た目は変化します。それは体型だったり、肌質だったり、ファッションだったりと、色々感じるところはあると思います。

ここで考えて欲しいのは、風俗というお仕事で何を売っているかということです。パッと思い浮かぶのは性サービスだと思いますが、それだけではありません。

風俗は、男性客が魅力的な女性による性的なサービスを受けにくるところです。

ということは、そこで働く女性自身が商品なのです。

お客様は決して安くはない料金を支払いますから、性的に魅力的な女性でなければお金を支払う価値を感じることができません。

若い女性ならば「若さ」という価値があるでしょう。しかし、それもない今、何が価値になるかというと「清潔感」と「女性らしさ」の2つになります。このどちらかが欠けてもいけません。両方揃って初めて価値を発揮します。

女性らしさやセクシーさと言われると、濃いメイクや露出、派手なファッションを思い浮かべがちですが、未経験で始める場合は逆です。

基本的に男性が好むメイクは、ナチュラルな感じのメイクです。一般の主婦やお昼のお仕事している女性が普段しているようなメイクの方が受けがいいです。

あまりに派手なメイクだと嫌がる男性も少なくありません。

清潔感、上品さ、普通っぽさをアピールした方が未経験という肩書には断然あいます。実際のところ、第一印象は見た目でほとんど決まります。なので、そこで素人っぽく見えないと、いくら「業界未経験」と売り出しても効果が見込めないんです。

初めて風俗業界に足を踏み込むのなら、ここに注意することが大事です。




以上になりますが、いかがでしたでしょうか?

今の風俗業界では、30代40代の女性がたくさん活躍しています。最初はわからないことだらけで不安かもしれませんが、お仕事をしているうちにすぐ慣れます。

それにこのブログの様にいろいろ説明を書いた記事もたくさんあります。

自分に合ったお店と出会うことができれば、風俗のお仕事はそんなに難しいものではありません。もし、今現在、風俗のお仕事を始めようか迷っているとしたら、まずはやってみるべきです。

今、悩んでいるこの間にも時間は流れていきます。始めるのが遅くなるほど、風俗のお仕事に対する不安は増えますし、相対的に見て需要は少なくなっていきます。

風俗を始めるのなら、なるべく早い段階で始めてしっかり稼ぎ、安心な毎日を手に入れましょう。

当店も貴女からのお問い合わせをお待ちします。
posted by レイグループ at 14:36 | Comment(0) | こんな理由でおススメします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: