30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2017年10月19日

風俗で働いても高収入にならないパターン

本当に高収入.jpg
皆さんはどうして風俗のお仕事を始めようと思いましたか?やっぱり、お金の為って言う人がほとんどですよね。

お金が必要で、お金がたくさん稼げるから風俗で働く事を考えた。当たり前と言えば当たり前な心理です。それでは、その稼げるという風俗のお仕事で働く女性の平均的な月収はご存知ですか?

これも諸説ありますが、大まかにいうと平均的な月収は30万円程度に落ち着くそうです。

「風俗やってるのに、そんな収入じゃ無理!」って思うかもしれません。ただ、これは全体の平均なので、本当に稼いでいる人は月100万以上も稼いでいますし、1日2時間くらいで週1回勤務の人とかは月5万円のお給料という場合もあります。

そう言った、時間も日数もバラバラなのを考えずに算出したのが月30万というわけです。

ここで一つお伝えしたいことがあります。それは、出勤時間や日数以外にも平均金額を下げることになっている女性もいるという事実です。

その『稼げてない女性』が「あそこの店は暇」「そこは客層最悪」などいう自分の体験だけに基づいた主観的な稼げない情報を拡散した結果、働くお店を探している別の女性が、本当は稼げる店なのに「稼げない」という情報を聞いてしまったために他のお店を選んでしまったなんていうこともあります。

その結果、稼げないお店に入店してしまい、ますます収入の平均を下げることに貢献してしまったり・・・。ということで、今回は「こんなことをしているから風俗で高収入を稼げない」という例を挙げてみます。




風俗が高収入な仕事にならない働き方の例
基本的に風俗のお仕事は基本的なことが出来れば稼げます。ですが、その当たり前のことができない女性も沢山いるんです。風俗の面接に申し込んでくる女性の場合「お金を稼ぎたい」という動機がほとんどのはずなんですが、「本当に稼ぎたいの?」と思ってしまう人の特徴をまとめると以下の様になります。


1.月に数回しか出勤しない
目標としている金額が低かったり、空いている時間で小遣い稼ぎとかの場合は全然問題はないのですが、ある程度の金額が欲しいと主張しながらも、圧倒的に出勤日数が少ない人ですね。高収入を稼ぐのなら、そもそもある程度の出勤日数は必要です。

2.1人の接客で満足する
たまにですが、1人接客をした後、「今日はもう帰りたい」オーラを出してくる人もいます。恐らく本人はそれで満足をしているのだと思いますが、出勤時間によっては「その金額なら風俗じゃなくてもいいのでは?」と考えてしまう時もあります。

3.待機室で寝ている
寝るなとは言いません。軽く目を閉じて仮眠程度なら風俗は体力勝負ですし、体力回復の為にもいいと思います。ただ、予約も何も入っていない状態で、出勤早々、写メ日記を上げるでもなく、本気で寝込まれてしまうと「稼ぐ気ないのかな」と思ってしまいます。寝るにしても、写メ日記をアップしてみるとしてからにしましょう。

4.待機中は自由時間と勘違いしている
待機時間を自由時間と勘違いしている人も意外と多いです。待機時間は次のお仕事の準備をして、いつお仕事が決まっても大丈夫なようにしておくための時間です。もちろん、食事や休憩なども必要ですが、待機している時は出勤していても風俗のお仕事でお金が発生していない時間です。

その時間にスマホでゲームとかをしているのももったいないと思います。また、1時間も2時間も待機時間があった場合は、多少の危機感を持った方がいいかもしれません。

5.稼げないのは自分の責任じゃない
自分が稼げないのは、お店が悪い。こんな風に責任転嫁をしてしまう人も多いです。確かにお店に原因がある場合もありますが、それでも、新人期間のうちは多く接客をさせてもらえたはずです。その接客をしたお客様が誰も指名してくれなかった結果が稼げていない現状であるのなら、本人にも原因はあるのではないでしょうか。

6.当日欠勤が多い
風俗業界に携わって10年以上になりますが、当日欠勤をする女性は本当に多いです。「え、そんな理由で?もうご予約頂いているのに」となる時もあります。

当日欠勤が多いと、お客様側からしても予定を調整して予約しているのにキャンセルが多いとなると、どうしても選びにくくなります。「予約してもどうせキャンセルになるから他の女性にしよう」という感じでしょうか。

当日欠勤は長い目で見ても得はありません。損ばかりです。やむを得ない事情の時は仕方ありませんが、気分で休んだりしないよう注意しましょう。

7.目標がない
風俗のお仕事は基本的に全額日払いです。稼いだお金はその日のうちに使ってしまうというその日暮らしのようなことできてしまいます。そうなると、「とりあえず最低限これだけ稼げばいいや」となってしまい、仕事に対するモチベーションも下がってしまったりします。そうなると、無理して稼ごうという気はなくなっているので、結果的に風俗のお仕事をしているのに稼げないということになってしまいます。




以上、いかがでしたでしょうか?

最初に風俗のお仕事の平均月収は30万円と書きましたが、稼いでいる女性はもっと多く稼いでいますし、そんな女性はたくさんいます。

当たり前のことを当たり前に頑張れている女性は、普通に稼ぐことができているんです。当たり前のことをせずに「この店暇だわ。稼げないし」と言うのは、その人が招いた結果です。

そういった人たちも風俗嬢として一括りにされてしまうので、全体的に見ると風俗嬢の平均月収は思っているほど高くないという様に見えてしまいます。

ですが、上に書いた稼いでいない人の特徴に当てはまるようなことをしなければ、大抵の場合は稼げます。これらの例を反面教師にして、どんどん稼いでくださいね。

当店は稼ぐ為に頑張る貴女を、全力で応援します。
posted by レイグループ at 17:59 | Comment(0) | 不安を解決します♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: