30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2017年08月03日

風俗嬢にもクビにされることがある?

クビになる.jpg
どんなお仕事にもルールがあります。それを守れないとなるとクビになったりすることもありますよね。

一般的に、風俗のお仕事は昼間のお仕事よりも規則が緩いと思われがちです。一般の仕事に比べると、遅刻や欠勤などもしやすかったりするのも、その一因でしょう。

そんな風俗のお仕事で、お店からクビを言い渡されるというのは余程のことです。
それでは、どういう場合にクビになってしまうのか?今回はその辺りを書いてみます。




風俗で働いていてクビにされる3つのパターン


その1.犯罪者予備軍
風俗業界では色々な女性が働いています。その中には倫理観が普通とズレている女性がいることも決して少なくありません。

そういう人にありがちなのが、お店の売上げをこっそり盗んだり、待機所で他の女性の私物や財布を盗んだり、酷くなると、お客様がトイレ等に行っている間にお客様の財布からお金を抜いたりすることもあります。

お店の中だけことであればクビにされるだけで済むかもしれませんが、お客様も絡んできた場合は、クビは当然として、警察に通報されてしまうことは想像に難くありません。


その2.女性が店に内緒で円盤行為をしていた場合
挿入禁止のお店で、女性が店に内緒でお客様と交渉し、お金を貰って挿入行為をさせることを「円盤」と言います。

円盤行為は、お店にお金が入ってこないばかりか、お店の他の女性まで円盤OKだとお客様に思わせてしまう原因になったり、お客様がインターネットの掲示板にお店の名前や円盤行為を書き込んだりすることにより、警察の摘発の原因となってしまったりすることもあります。

摘発されれば営業も停止することになってしまいますから、円盤行為を激しく取り締まっているお店は多いです。

「そんなこと言っても当事者同士で黙っていればバレるはずがない」と思うかもしれません。ですが、結論からいうと確実にバレます。何故なら、大抵の場合、お客様が口を滑らせて他の女性にも同じように持ち掛けてみたり、インターネットの掲示板などに書き込んだりするからです。

自分だけは絶対バレない、などということはありません。注意してくださいね。


その3.お客様からのクレームが多い女性
風俗で働いている女性の中には、お客様からのクレームが物凄く多い女性もいます。例えば、あからさまな時短をする、サービスが非常に悪い、態度が悪いなどです。

ちょっとくらいの愛想の悪さだったら、クレームを入れられるまでには至らないかもしれません。しかし、お客様は高いお金を払って風俗嬢を買っているという意識がある上に、風俗を利用するお客様全員が財布に余裕がある人ばかりではありません。

そのため、ハズレ嬢をつかまされた時の腹立たしさは一層際立つのか、その場では直接言われなかったとしても、後から店にクレームを入れてくる男性客は案外多いものです。

手抜きでいい加減なお仕事ばかりしていると、思いのほか、お店の人に自分の悪行が筒抜けになっていたりするものですから、仕事は仕事として、きっちりと接客することが大切です。




以上、いかがでしたか。
ルールを守れなかったり、評判が悪かったりするとクビになってしまうのは風俗に限らずどの職種でも同じです。その中で、比較的、基準が緩いと言われる風俗ですらクビにされてしまうのであれば、自分自身の問題を見つめなおす必要があります。

普通に、真面目に働いている分には今回書いたような状況にはならないと思うので、しっかり頑張ってくださいね。
posted by レイグループ at 20:29 | Comment(0) | トラブル回避
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: