30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2017年04月21日

写メ日記が裏目に出てしまう危険性も考える

写メ日記の危険性.jpg
「今よりもお客様をもっと増やしたい!」「ファンを作りたい!」と思ったときに、頑張りたいのが営業のための写メ日記。写メ日記をたくさん更新して、上手に使っていると、お客様に貴女をアピールできるので、更に身近に感じてもらえます。親近感が沸けば、もっと貴女の事を知りたくなりますから、指名率アップにも繋がってきます。

ですが、注意しないと、せっかく指名率アップのために頑張っている写メ日記が裏目に出てしまうこともあるんです。


【写メ日記を書くときに注意すること】


1.愚痴や文句を書くのは絶対NG
この風俗のお仕事をしていると、色々と嫌なことだってあるかもしれません。でも、お店の写メ日記はあくまでもお店のブログです。完全に営業用のブログなんです。

それなのに、そこに愚痴や文句を書いてしまうのは絶対にNGです。書き込みが多くて無意識のうちになんでも投稿してしまうようなSNS中毒のようになっていると思えるときは、体調が悪い時、気分が晴れない時には、ブログやTwitterなどに触らないようにしたほうが良いかもしれません。

風俗は夢を売る商売であります。そこで「しんどい」「むかつく」などの暗い感情を出されると、お客様はがっかりしてしまいます。

お客様には、自分の良い部分、明るい部分だけを見せるようにしましょう。

また、写メ日記などで無意識のうちに特定のお客様の神経を逆撫でしてしまうこともあります。自分では意識していなかったとしても、半ば言いがかりのようにお客様に反応されてしまうこともあります。

あまりにも厄介な場合は、完全にスルーするか、スタッフに相談しましょう。

過剰に反応してしまうと、更に粘着されてストーカー化される可能性もゼロではないです。


2.写メ日記の写真とHPの画像が違いすぎる
これも非常に気をつけたいポイントです。お店のHPで使用している画像や受付用のパネル写真を、どんなに自然でキレイに修正していても、日記の写メの写真でバレてしまうことことも多いです。

顔に関しては、最近では加工アプリの進化が著しい為、そんなに知識が無くても、だいぶ盛った写メが撮れるようになりました。ただ、見落としがちなのが体型の方です。HPの画像は痩せて見えるように体型を補正しているのに、日記の写メではポッコリお腹やムッチリとした二の腕がバレバレというパターンです。

こんな状態ににならないように、写メの取り方には気を使いましょう。

「顔が可愛ければ良くない?」 と思うかもしれませんが、男性の多くは太った女性をどうにか回避したいと考えていますので、信用できないHPの画像よりも、写メ日記の写真でちょっとでも太っていそうだったら予約するのをやめる、という男性もいるほどです。


3.本文は長すぎないのがベスト
「お客様に喜んで貰うには長文の方がいいのでは?」と思うかもしれません。これが普通のブログならそれはテキスト量の多いのは正解です。

ですが、貴女がしているのはお店の写メ日記で、お客様の目的は文章よりも写メを見ることです。指名しているお客様なら「お礼でも書いていてくれるかな」と思って見るでしょうし、貴女のことが気になっているお客様なら「どんな女性なのかな」と思って写メを見てくれるでしょう。

ですが、大多数のお客様は貴女のことを知りません。その「貴女の事を知らないお客様」を自分に注目させる為にするのが写メ日記の最も効率的なやり方です。

長文を書いても満足するのは、貴女自身と、貴女の事を知っている指名しているお客様だけです。ちょっとした小ネタ程度なら、貴女への興味を引き出すことに繋がりますが、あまり長々と自分の事を書くのは控えましょう。

実際に貴女を選んだ時に「やたらと自分の話ばかりされるかも」と軽快されてしまうかもしれません。

一番いいのは、差し障りのない程度に短文で、いい具合に盛ることが出来た写メを貼る事です。




以上、いかがでしたでしょうか。営業用の写メ日記と、プライベートでしているブログは別物です。自己満足だけで書いている分にはいいのですが、どちらも読者を増やそうとなると、相手が求めているものを考えなくてはいけません。

風俗の写メ日記は、その点で、見てくれる人が求めている物が分かってます。

「正しい情報を得たい」「エッチな写メを見たい」という目的が分かっている以上、それに合わせることが稼ぐための写メ日記にする近道だと思います。
タグ:写メ日記
posted by レイグループ at 08:00 | Comment(0) | 写メ日記について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: