30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2017年01月22日

本番行為を強要された時の回避テク!

large.JPG
今回は、風俗で働こうと思った女性が、真っ先に心配するであろう点についてお話したいと思います。

それは「お客様に本番強要された時はどうすればいいか」ということです。

風俗店に来店するお客様の中には、残念ながら本番を強要してくる男性も混じっています。

そのような要求を上手くかわして、お客様をいかに引っ張るかが風俗嬢の腕の見せ所ですが、まだ風俗のお仕事の経験が少ない女性の場合、上手く断ることが難しいと思います。

当然ながら本番NGのお店で本番を強要されたからと言って、お客様と喧嘩をしてはいけません。

元々、男と女が裸になってエッチなことをしているので、セックスするなという方が不自然なのです。それでも、風営法で禁止されている以上、本番をしてはいけないのですが、ここがポイントです。

「決まり事だから!」と喧嘩腰なるのではなく、一旦、お客様の「本番をしたい」という気持ちは痛いほど分かるという理解を示すことが大切です。ここでは、あくまでも理解を示すだけでいいので、実際に最後までしてしまってはいけません。

「お店から怒られる」などと、話題を逸らしましょう。

そこで静まってくれればいいのですが、大抵の場合は中々引き下がらないと思います。そんな時は、どのようにしてかわしたらいいのでしょうか?

ここで、男性の体の特徴を考えてみましょう。男性は射精すると急速に性欲が醒めてしまう生き物です。射精すると興奮が冷め、ペニスが萎えてしまい、我に返ってしまいます。

ですから、逃げるのではなくてこちらから前に進む、手コキでもスマタでもフェラチオでもいいから、射精させてしまうのが一番の対処法かと思います。

射精させてしまえば、さっきまであれだけ本番を求めていた男性が、借りてきた猫のように大人しくなります。

同時に、プレイの手順も見直しが必要と思いますお客様のペースに合わせるのではなくて、こちらからペースを作るのです。

無理矢理入れられそうになったらフェラチオに逃げるとか、シックスナインに持ち込むとか体勢を入れ替えてしまうといいでしょう。これは、口臭の臭い男性から無理矢理ディープキスを迫られたときにも有効なテクニックです。

口と口、性器と性器の結合にトラブルがあるのなら、口と性器の組み合わせにしてしまえば良いという考え方です。

それでも、どうしようもない時は、お店に連絡を入れましょう。
当事者同士だけでなく、お店も介入することで、貴女のみならず他の在籍女性もそういったトラブルに巻き込まれにくくなっていきます。

もちろん、そうではないお客様も多数いるので、必要ならば接客NGにするのもいいかもしれませんよ。
posted by レイグループ at 08:00 | Comment(0) | トラブル回避
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: