30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2018年06月09日

これを知れば写メ日記は簡単♪写メ日記の書き方

写メ苦手.jpg
当店でもご協力頂いていますが、風俗で働く上で写メ日記は避けて通れないものです。

店によっては「1日〇本アップしてください」とかノルマが有ったりもするのではないでしょうか。

当店もノルマこそありませんが、それでも写メ日記をしている人としていない人ではお客様からの注目度も全然違います。

とは言え、そこはやはり個人それぞれ得手不得手などもあると思います。

出勤する時だけ写メ日記をアップするようにしてもらった場合でも、文章を書くのが苦手な人にとっては結構な負担です。

プライベートで使うSNSの様に「仕事の愚痴」「お客様の悪口」「旦那や彼氏の話題」を書いてしまう訳にもいきません。それらの話題は確かに書きやすいですが、お客様がそれを見て気分を悪くする可能性の方が高いです。

食べ物の話題や美容ネタばかり過ぎても、それを見る圧倒的に多い男性客が楽しめるとも思えません。

「そんなこと言われても何を書いたらいいかわからない」という女性の為に、今回は簡単に写メ日記を書くための方法を書いてみたいと思います。


どうすれば写メ日記が簡単にできるの?
それでは、まず写メ日記が簡単に書けない理由を考えてみたいと思います。
大体、原因としては大別して下記の3つになります。

書けない原因.1 身バレする可能性
まず、写メ日記が簡単にできないというよりもやらない動機に繋がってしまうのが「身バレのリスク」です。

個人情報でもある誕生日や出身地、本業、家族構成の他に趣味や行きつけのお店、旅行先などを間違えて書いてしまった時に、身内や知人にバレたり、最悪の場合ストーカーっぽいお客様に調べられたりしてしまうという不安から「日記を書きたくない」という風になってしまうことが多いようです。

そして、その不安から「あれを書いてもこれも書いてもバレるかも」となり、そうなると何をネタにすればいいかわからなくなってしまうみたいです。


書けない原因.2 文章を考えるのが苦手
学生時代、作文や論文が苦手だったり、日記を書いても三日坊主、そもそも文を書く習慣がないという人の場合、自分で文章を考えるという作業自体が苦行です。

そこに来て「毎回同じ内容は止めて下さい」「挨拶とか、出勤しましたとかだけじゃなく他のテキストも」などと店のスタッフから言われるとモチベーションも下がってしまい、ますます書けなくなります。

文章を作るのが得意な人から見れば写メ日記くらいは簡単ですが、文章が苦手な人には簡単にはできません。そういったことが原因で写メ日記を書けないということになってしまうようです。


書けない原因.3 写メ日記のネタが無い
「日記」という名前がついていますがプライベートの日記やSNSとも違うので、お客様に良くない印象を与えたり、お店から怒られるようなことは書けません。

プライベートは晒せない、かと言って言いたい放題書いていいわけでもない。さらには、仲の良いお客様に向けたお礼を書いたりすると他のお客様は嫉妬する。何を書こうか考えるだけでも面倒ですよね。もはや、書けることがないのでは?とさえ思ってしまいます。


以上3つが、写メ日記を書けない原因に多い事3つです。それでは次に「どうすれば書けるか」について書いてみます。


写メ日記を書くためのコツ
原因1にも書きましたが写メ日記を書くことで心配なのが身バレですが、これを気にし過ぎると本当に書けるネタがなくなってしまいます。ただ、逆に考えれば「身バレさえしなければどんなことも書ける」ということになります。

ちょっとしたところに気をつけるだけで、身バレのリスクはとても下がるものです。

例えば、まず写メに関してですが、自分が特定される様なものは写さないことです。私物や部屋の中、店や場所の名前など、そこから自分が推測されるようなものは写メには写さないようにしましょう。

万が一移ってしまった時でも加工アプリやスタンプで消せばOKです。旅行した時の写メやどこかに外出した時に写メを撮った場合でも、場所は曖昧に説明したり、実際に行った日付とは違う日付で説明したりとかして、少しだけ事実と変えましょう。

そして、文章。これが苦手な人にとっては一番の難問ですが、そう難しく考えなくても大丈夫です。

書く内容をテンプレ化しておいて、毎回、それに沿って文章を作ればいいんです。

例えば、こんな感じですかね。

1.挨拶

2.事実

3.それに対する感想

4.出勤予定アピール

全体の流れとしてはこれだけです。とは言え、これだけじゃ分かりにくいと思うので、試しに順番に当てはめてみたのが下記です。

1.挨拶
おはようございます。今日もいい天気ですね♪

2.事実
今日は新しい下着を買いました。

3.感想(集客に繋がるような感じだと望ましい)
普段とは違うちょっとセクシーな感じのにしてみたけどどうかな?(写メも載せてみる)

4.出勤予定アピール
今日は〇時から出勤です。買ったばかりの下着、見に来てくださいね。

写メ日記はこんな感じで大丈夫です。これくらいなら簡単に書けそうな気がしませんか?また、「ネタが無い」なんていう方もいると思いますので、少しですが紹介します。

まず、鉄板はプレイやエッチに関するネタです。写メ日記自体、風俗のお客様向けのものなのでむしろ必須と言ってもいいかもしれません。逆に、エッチさが全くないとお客様にはあまり見て貰えないので、頑張って写メ日記を書いても自己満足で終わり、集客に繋がらないことがあります。

次に「今日は何の日?」かというものです。ネットで「今日、何の日」とか検索するとほぼ毎日何かしらの日に設定されています。ちょっとした雑学紹介みたいな感じですね。それを紹介した後に、ちょっと感想を織り交ぜて、出勤アピールに繋げれるのも定番です。

同様に、Yahoo!ニュースなどで並んでいるニュースの中から適当に一つ選んで、それを紹介して、それに対する感想を書くだけでもOK。これならネタに困ることもありません。コツとしては、あくまでも簡単な感想にするということです。あまりに熱く語られても、逆に「面倒な人」という印象を与えてしまいかねません。

そして、お客様とした会話の内容もネタにすることができます。

お客様へのお礼を日記に書く人も多いと思いますが、これって結構難しいことだと思うんです。「俺のことはそっけないけど、他の客の事はたくさん書いてる」ってなったりして面倒なことになったりしますしね。

特に、接客をしたその日の内にお礼を書く方法だと、書かれた方も自分の事だと気づくので、余計に上に書いたようなことが起こりやすいです。

なので、あえて、お礼は一旦全員まとめて書いてしまって、後日、お客様との会話やその人の特徴などをネタに使わせて頂くというのも有効です。

「○〇に旅行に行ったという話を聞いて〜」とか「○○というお店が美味しいと聞いて〜」「接客した時にたくさん褒めて貰って嬉しかった」と、どのお客様とは特定できない様に書きます。

こうすると、写メ日記を見ている他の人には分かりませんが、その会話をした本人には分かりますし、それは二人だけの秘密という風にも思えます。人は秘密を共有すると親密度が増すものです。そんな心理を利用して、自分を指名してくれるように誘導するのも立派なテクニックです。




以上になりますがいかがでしたでしょうか。

写メ日記を苦手だという女性も少なくありません。ですが、無難な日替わりネタをテンプレートに当てはめるだけなら、意外と簡単に書けるものです。

コツを押さえて、ちょっと工夫するだけで、驚くほど簡単で効果的な写メ日記を書けるようになります。

頑張ってくださいね。
posted by レイグループ at 16:00 | Comment(0) | 写メ日記について