30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2018年02月09日

喋らないお客様に当たった時の対処法

喋らない.jpg
風俗のお仕事をしていると、いえ、風俗だけではなく水商売の場合もそうかもしれませんが、たまに全く喋ってくれず会話が成立しないというお客様にあたったことはありませんか?

口数が少ないとか、会話が盛り上がらないというレベルではなく、好みじゃないから喋りたくないと言い切ってしまうタイプや、話しかけても頷くだけというタイプのお客様。

「こんな人の接客をするのはもう無理」と言いたくなってしまうような場合ですね。

雰囲気を明るくしようといくら自分が喋っても相槌すら貰えず、何かして欲しいことがあるか聞いても反応が薄い。

何をして欲しいのか、何がしたいのかまったく分からないお客さんの相手をするのは本当に大変だと思います。

やりにくいだけではなく、精神衛生的にもよろしくないこの様なタイプのお客様に対して、どのような対応が正解なのか?

そして、こういうタイプのお客様に気に入って貰えて、本指名客になったりすることもあるのか?

今回は、口数が少なく扱いにくいお客様への対応の仕方について書いてみます。


無口だったり、頑なに喋らないお客様の対処法

好みじゃないから喋らないと言われた時は?
「タイプじゃない」「興味が無い」「可愛くないから」と、「いやいや、自分で選んでおいてそれはないんじゃないの?」と思ってしまうようなお客様はたまにいます。

そんな風に言われてしまった時は、まず「私はサービスさせて欲しいけど、どうしても嫌なら、残念だけどお店とお話しして頂いても大丈夫です」と軽く言いましょう。

女性に対して「ブス」などという発言は、そういった専門店でない限り風俗利用においては基本的にNGです。特に大きい声で言われたりした場合は、即刻お店に連絡しても許されるくらいの暴言です。

当店でも、お店のルールとして「コンパニオンを不当に貶める、嫌がる行為をされる方のご利用」は禁止事項としてHPにも記載しています。

ですが、大抵の場合、こういうお客様は女性を困らせたいだけです。何故なら、どうしても嫌だったりキャンセルしたい場合は、お客様は自分でお店に言うからです。

女性を困らせることで優位に立ちたいのかもしれませんし、単に面倒な性格の人なのかもしれません。

こういう場合で注意して欲しいのが、あくまでも女性の側から「キャンセルしますか?」などの発言はしないことです。これを言ってしまうと、お客様心理的にキャンセルをしやすくなりますし、そもそも自分が悪いということは棚に上げて、キャンセルの原因をこちらになすりつけてきます。

キャンセルになってしまいそうな時でも、あくまでもお客様が自主的にしたという流れにすることが大切です。


黙ったままプレイするのは最後の手段
「風俗だし、いっそのこと喋らなくてもプレイはできるし」と思ってしまった方はいませんか?確かに、やろうと思えばそれもできますが、「そっちがそんな態度を取るならこっちだって」とやり返してしまうのは、接客業としてはプロ失格です。

無口で無表情のまま最低限のプレイを淡々とこなすだけ。もちろん、お客様も盛り上がることもなく、下手すると射精すらさせられない。

タイマーが鳴るのを今か今かと待ちわびながらプレイして、鳴ったらサービスはそこで終了。支度をしてホテルから出る。

別れ際も、ムスッとした感じのお客様に、こちらもお仕事として愛想もない挨拶をして別れる。

こんな経験をしたことはありませんか?

こうなってしまうと、プレイでもサービスでもなく、ただの作業です。また、サービスを受けることの対価として料金を支払ったお客様も、満足できなかったら二度と貴女を選びません。それだけならまだマシです。最悪の場合、お店にも二度と来なくなります。

こうならないためには、何でもいいから、とりあえずは一生懸命喋り続けることが大切です。

お客様が喋らないので会話は途切れるかもしれませんが、それで構いません。世の中、女性側が一方的に喋り続けている夫婦やカップルは少なくないじゃないですか。

それと同じように、喋り続けながら、ボディタッチを織り交ぜましょう。話を聞くのも嫌だというお客様なら、必ずなにかしらのアクションをしてくるはずです。

そうでないなら、口下手なだけで、話を聞くのは好きという人かもしれません。思い切って喋り続ける方が、コース時間内、ずっと無言で過ごすよりは気分的には楽だと思います。

ここで一つ注意を。

もし、お客様の方から「あまり喋らないで欲しい」というような意思表示が出されたら、大人しく従いましょう。従わずに一方的に喋り続けると、「自分の意思を無視された」と余計に印象が悪くなります。


名刺を渡すのは基本です。
「こんな面倒な客なら私はいらない」と思った方、それは間違いなので注意してくださいね。

基本的に、合う合わない、扱いやすい扱いにくいに関わらず、名刺は必ず渡すようにして下さい。

貴女が扱いにくいと思っている男性は、大抵、他の女性にとっても苦手なお客様です。どこのお店でも上手く楽しめてないでしょうし、他の女性から名刺すら貰えていない可能性も高いです。

そんなお客様にしてみれば、一生懸命喋りかけてくれて、名刺もきちんとメッセージ付きで渡してくれた女性は、他の風俗嬢とは一線を画す存在に映るはずです。

今まで女性に相手にして貰えなかった男性にとって(自分に原因があるのは棚上げで)、一生懸命に自分の相手をしてくれた女性を特別に感じてしまうのはよくあることです。

ある日、突然、本指名をしてやって来るなんてこともあるかもしれません。

「自分のことが嫌いだと思ってた」と言いたくなるようなツンデレなお客様は、実は、他の風俗嬢への浮気率が低いです。

理由は分かりますね?

お客様はお金を払う以上、サービスを受け満足したいんです。多くの女性から冷たくされてきた男性にとって、貴女は安心して遊べる対象です。失敗するくらいなら、安全に満足したいという心理が働き、浮気をしにくくなるんです。


ノリも良く喋ってくれるお客様が本指名にならない理由
さて、今までとはまったく逆のタイプのお客様の話です。

終始笑顔で愛想も良く、会話も盛り上がり、別れ際も「ありがとう。良かったよ。次も指名するから」なんて言ってくれる、一見すると良いお客様。

こんなお客様ばかりなら苦労も少ないし、ぜひ、また来て欲しいって思いますよね。それなのに、こういうお客様に限って本指名になってくれない。

こんな経験をしたこともきっとあると思います。あまりにも回数が多いと人間不信になりそうなことですが、こうなる理由もよく考えればわかることです。

こういうタイプのお客様は、これまで書いてきたお客様と真逆の経験をしてきています。ノリも良く、相手に気も遣えるのでどこのお店でも歓迎されます。

もちろん、接客する女性からしても、扱いにくいタイプよりは扱いやすいタイプの方がサービスが良くなってしまうこともあるでしょう。

ノリの良いお客様は、感じ良く振る舞った方が楽しい時間を過ごせるのでお得だと知っています。なので、どの女性と遊んでもそれなりに楽しめるため、一人の女性に執着する必要がありません。

多数の女性と楽しんで、その中でも特に楽しかった女性を指名すればいいわけですから、同じお店の他の女性ともガンガン遊びます。そして、こういったお客様の行動に対し、よく文句を言う女性もいますが、お客様は間違っていません。

自分のお金で、自分が思う様に楽しんでいるだけですから。
本指名を返せないのは、その女性の力不足なだけです。こうした面からも、ちょっと扱いにくいなというお客様の方が、本指名を返しやすいと言えるでしょう。




以上、いかがでしたでしょうか_

ちっとも喋らないお客様。コミュニケーションを取る気が無いお客様。こういったお客様の接客は正直疲れるし、面倒です。

ですが、こういった面倒なお客様ほど、本指名に繋がりやすい。ひいては稼ぎやすいということに繋がります。

自分が苦手なお客様は、他の人にとっても苦手なお客様だということを逆手に取れば、自分が一歩リードすることも可能です。頑張ってくださいね。

また、ここで紹介した対処法はあくまでも一例です。
風俗未経験の女性や、初心者の女性の方に参考にして貰えればと思います。


posted by レイグループ at 10:10 | Comment(0) | 稼ぐコツ!!