30代40代の女性が稼げる大阪人妻風俗求人 麗グループblog

2018年01月16日

​「シャワーはさっき浴びた」って言われても・・・。そんな時の対応法

シャワー拒否.jpg
風俗店ではお風呂とプレイはワンセットです。プレイ前には必ずシャワーというのが大抵どこのお店でも決まりとなっています。

性病予防・衛生面という観点から必須なので、大抵のお客様は普通にシャワーを浴びてくれます。中にはお風呂でのイチャイチャが大好きだという人もいるくらいです。

しかし、時には頑なにシャワーを拒否するお客様がやってくるのも風俗店です。

ホテルのお部屋に入るなり触りまくってきて、そのままプレイに持ち込もうとしてみたりお客様と並んで、風俗で働く女性に嫌がられるのが、この「シャワーを拒否するお客様」です。

「さっき浴びたから、俺はシャワー大丈夫だから」と謎の理論を展開し、あまつさえ「イソジンは嫌いだから」とうがいも拒否。仕方なく、歯ブラシを渡すと嫌そうな顔をして、申し訳程度に歯ブラシを動かしたと思えばすぐに吐き出し歯磨き終了してしまう。

性病とかの不安を減らして安全に遊んでもらうためのルールなのに、それに協力してくれないお客様がやってきたとき、貴女ならどう対応しますか?

今回は、そんな「シャワーを拒否するお客様」の接客をすることになってしまった時の為の対応の仕方を書いてみます。


風俗でシャワーを拒否するお客様の対応の仕方

1.プレイ前のシャワーと口内洗浄は風俗では基本ルール
最初にも書きましたが、一般的な風俗店ではプレイ前とプレイ後のシャワー(お風呂)は必ずあります。

プレイ前に殺菌効果のあるボディソープでお客様の体を洗い、性器周辺などの陰部はグリンスなど消毒用石鹸水で洗って、歯磨き、イソジンでうがいをしてもらうことは、性病予防のために非常に大切なことだからです。

キスやリップサービス、ボディタッチ、フェラや素股などをする前に、お互いの体を清潔にしておくことが、性病の予防に繋がります。

当店ではマニュアルにも書いていますが、プレイ前のシャワーは衛生面上の理由から義務付けています。これは、大抵のお店でも同じです。

にも拘わらず、時々表れるのが「シャワーはさっき浴びた」と言い張るお客様。百歩譲って、デリヘルなら自分の部屋やホテルの部屋で待っている間にシャワーを浴びたのかもしれません。

しかし、当店はホテルヘルスです。こんなことを言われても「浴びたってどこで?」「さっきっていつ?」と思うのが普通です。そもそも、一時間以上待合室で案内待ちをしていたお客様を接客した女性から「シャワーはさっき浴びたって言われた」という報告を受けたこともあります。

そして、残念なことにこうしたお客様は高確率で、気持ちよく清潔にしてくれるお客様よりも汚いことが多いです。

そのままでも大丈夫かもっていうくらいに清潔感溢れるお客様の方が、却って綺麗にしてくれます。ですが、どんなお客様であれ、プレイ前のシャワーは必須です。

お客様にシャワーを促す方法にはどんな感じのものがあるのでしょうか。


2.「一緒にお風呂に入りたい」と誘ってみる
清潔な体になって貰うためとはいえ、いきなり「まずはシャワーを浴びて綺麗にしてくださいね」などとお客様に言ってしまってはいけません。

「そのままだと汚いから、プレイしたくない」と言っているのと同意だからです。女性からこう言われて気分のいい男性はまず居ません。

ここで考えて欲しいのは、シャワータイムを体の汚れを落とす作業の時間にするのか、それともお風呂でイチャイチャしながらエッチな時間にするのと、どちらがお客様に好まれるかということです。

考えなくても分かると思いますが、これは後者ですよね。

風俗を接客業・サービス業とするなら、コース時間に含まれるシャワーも楽しい時間とするべきです。

お客様は早くエッチなことがしたい、貴女は先に体を綺麗にしたい。この二つの目的を同時に達成するには、お風呂でイチャイチャしながら体を洗うのが一番の方法です。

密着洗体などと呼ばれる、体を密着させながらの優しくエッチな洗い方も、ネットで動画も出ています。

服を脱がせる段階から、笑顔を忘れず、会話や密着させるなどイチャイチャしながらすれば、それが前戯にもなります。

お客様の欲望を刺激しつつ、上手に誘導してくださいね。


3.プレイ前のシャワーがお店のルールだからとお願いしてみる
お風呂に誘っても「入ってきたからいい」と頑なに拒否するお客様の場合には、「プレイ前のシャワーがお店の決まりなので」とお願いしましょう。

お願いする時も嫌な顔をしたり、きつい言い方ではなく、丁寧に説明する感じで伝えるのが望ましいです。

「この店、面倒くさいな」とお客様が折れて言い出したらしめたもの。そんな時は「お店の決まりで・・・ごめんね」などと一緒になってお店のせいにしてしまいましょう。

それで女性がスムーズにお仕事ができるなら、お店はいくらでも悪役になります。


4.無理強いしないと入らない、絶対に入らない場合はお店に連絡を
ここまでしても、何だかんだ言ってシャワーを拒否しようとするお客様も稀にいます。そうなった場合は、断固としてシャワーを浴びないか、仮に浴びてくれたとしても気まずくなってプレイに支障が出るだけでしょう。

そんな時は、あっさりとお店に連絡しましょう。そのようなお客様は貴女にとっても、お店にとってもいらないお客様です。それ以前に、お店のルールを守ってくれない時点でお客様ではなく只のクレーマーです。

野放しにしていたら貴女だけではなく、お店に在籍している他の女性にも迷惑です。更には、店の女性に迷惑がかかるということは、お店にとっても迷惑ということです。

そういうマイナスの影響を与えかねないお客様は大事にするに価値がありません。


5.シャワーを浴びて貰いやすくするために
ここまで、正面からお客様に向かう方法でしたが、搦め手の方法も書いてみます。まずは、先に書いたように洗体テクニックを磨くことです。

ソープにボディ洗いがあるように、自分の体を使ってお客様の体を洗うことはとても効果的です。大抵のお客様はこれをされた時点ではち切れんばかりに勃起してしまうでしょう。責めに自信のある女性なら、尚更覚えて欲しいテクニックです。

次に写メ日記。このブログでも写メ日記のことは何度も取り上げていますが、この写メ日記でお風呂好き・エッチなシャワータイムをアピールしましょう。

お風呂でのプレイや、お客様とのラブラブなシャワータイムが楽しいとアピールすれば、シャワー自体も貴女のプレイの一部と見てもらえます。

最後に、大切なのだ「お客様の不安を解消すること」です。

そもそもシャワータイムさえも短縮したいお客様の心理とはなんでしょうか?「汚いままプレイさせることで興奮する」「どこでも即プレイしたい」という困った人も中にはいるかもしれませんが、大半のお客様の場合「以前に他の風俗嬢にシャワーやお喋りで時間稼ぎされた」「短いコースなのにシャワー時間を長くとられてプレイ時間が短くなった」など満足できないかもしれないという不安からシャワーを短縮したがるのだと思われます。

ですが、視点を変えて、こういったお客様を風俗で働く女性の側から見ると「がっついていて嫌」とか「不潔」という風に見えてしまいます。

シャワーを拒否する理由がプレイ時間短縮などが不安というお客様の場合、シャワーもプレイの一環として、コース時間いっぱいイチャイチャできるということが分かれば、安心して素直に言う事をきいてくれるものです。




以上になりますが、いかがでしたでしょうか?

風俗に来てシャワーを浴びないお客様。風俗で働く女性の側から見たら、汚いの一言に尽きますよね。どこで何をしていたか分からないお客様の体を触りたくはないでしょう。

そんなお客様ですが、上手に対応することができれば不快な思いをする確率をグッと下げることができます。

頑張ってくださいね。
posted by レイグループ at 14:13 | Comment(0) | トラブル回避
2018年01月14日

理不尽すぎるクレームはもう嫌!クレームを防ぐ方法

クレーム防ぐ.jpg
風俗のお仕事をしていると、切り離せないのがアンケートの結果です。当店でもアンケート割引などのイベントを常時行うなどして、スタッフや在籍女性に関しての情報収集に余念がありません。

そんなアンケートですが、常に良い事ばかり書かれるとは限りません。人間同士ですから相性などもあるでしょうし、その時の状況などもあるとは思いますが、頂いたアンケートの結果があまり良くない時も当然あります。

お客様は十人十色。10人中10人が完全に満足することはありませんし、その10人ともが普通の考え方をする人とも限りません。

稀にですが「最初から分かり切っていることを聞いてくる」とか「指名料をケチってお任せにしたものの、好みじゃない女性で不満」とか「挿入等の禁止行為や、過剰サービスの要求が通らないことへの不満」などをぶつけてくるお客様もいます。特に、過剰サービスが通らないことに不満など、逆に、何故、それが通ると考えてしまえるのかを教えて欲しい時だってあります。

とは言え、アンケートの結果がいつも悪かったり、お客様から接客中やプレイ後にお店にクレームが入るようなのも困ってしまいます。

これが、既に何十人、何百人も接客をしてきてお客様の評価が高い実績のある女性だったら、お客様の方が恐らく「変わった人」もしくは「ただのクレーマー」とお店側も考えます。ですが、そういった実績のない女性の場合、どちらの言い分が正しいのかは正確に判断しかねることもあります。

風俗に限らず接客業・サービス業と言われる仕事にはモンスタークレーマーと言われる様な理不尽なクレームを出すお客様もつきものです。

自分では一生懸命頑張っているつもりでも、アンケートの結果が芳しくない、クレームを入れられてしまって、まだお店に入って日が浅いのになにか気まずい。はたまた、お店はフォローしてくれたけどクレームが酷すぎてトラウマになってしまったりと、クレームが入ることで精神的にへこんでしまったり、モチベーションが維持できなくなったりする女性も多いはずです。

そんなクレームを防ぐ為に大事なのが、これから書く内容になります。しっかりポイントを押さえて、クレームを未然に抑えられるように活用してくださいね。


クレームを入れられる前に、未然にクレームを防ぐポイント

1.基本コースのプレイは一通りすること
まずは基本として心掛けたいのが、お店の基本コースのプレイは一通り全部するようにしましょう。お店で決められている仕事の手順やプレイの内容を守ことで、お客様が支払った料金分のサービスは提供することになります。

それさえクリアできれば、お客様からのクレームの内、料金に関することは防ぐことが出来ます。何故なら、お客様もサービス内容に納得して料金を支払い、その料金分のサービスは受けたからです。

それでもクレームを出してきた場合は、単にお客様自身の女性の好き嫌いや相性によるものだと言えます。そんな時は、お客様自身に指名料をしっかりと払って頂いて、お好みの女性を選んで貰うしかありません。

その為に、様々なタイプの女性をお店は抱えているんですから。指名料は払わない、好みの女性を選ぶというのは通りません。

また、お客様の中には「○○は要らないから」と基本プレイのいくつかを拒否する人もいると思います。本指名のお客様やリピーターさんなど気心の知れたお客様なら構いませんが、ご新規のお客様の場合は必ず再度確認してください。

「そういうのお嫌いですか?」とか「頑張って気持ちよくするので、良かったら・・・」と軽くで構いませんので、しっかりと確認しましょう。

というのも、ここで「しなくて済んでラッキー」となってしまうと、大抵の場合、後で「あまりサービスしてくれなかった」と理不尽なクレームが入ります。そこでどんなに「お客様がしなくてもいいと言った」と言ったところで後の祭りです。

お店からもきっちり仕事をしない人という風に思われ兼ねません。そうならない為に「お客様が要らないとはっきり言ったから、そのサービスをしなかった」という確認が必要なんです。

「しなくていいんだ!ラッキー♪」ではなく、「私は喜んでそれをしますけれど、お客さんが要らないとハッキリ言ったから、じゃあしませんよ」というポーズです。

そして、自分の接客ノートにもしっかりとメモを残すことで、クレームから自分を守る為だけではなく、自分に指名が返ってきたときにも以前のやり取りが分かっていれば役に立ちます。


2.時間管理はしっかりと
お客様が一気に不信感を抱く原因として、お金と時間が挙げられます。この内、お金についてはお客様がお店に来店されている場合は心配無用です。注意したいのが待ち合わせ型など、自分でお金の受取などをしないといけない場合です。

風俗での遊びに慣れていて、金額や時間の差異などはっきり言えるタイプの男性なら話はそうこじれることはありません。問題になるのは、はっきり言うのがあまり得意ではないタイプの男性です。

コースや料金が自分が思っていたのと違う場合にはっきりとそれを聞くことが出来ずにお店や女性に不信感を持ったままサービスを受ける人もいます。

写真詐欺に遭ったり、時短や時間稼ぎをされたり、手抜きをされたりという嫌な経験をしたことのあるお客様にとって、時間とお金は踏んではいけない地雷ポイントです。

これを踏んでしまうと、こちらの謝罪も説明も聞いて貰えなくなるくらいの状態になることが多いです。

コース時間や料金、お釣りは基本的なことなので間違えないように注意しましょう。


3.笑顔と丁寧さが大切
これも風俗に限ったことではありませんが、クレームが入りそうな時って、なんとなく事前にわかることって多いと思います。

プレイ中は楽しんでいるような反応だったのに、掌を返したようなクレームを入れられたりすると、人間不信になりそうになってしまうかもしれません。が、こういうのは稀で、大抵の場合は、なんとなく合わないなと嫌な雰囲気を感じたまま、プレイをして、お別れするような感じではないでしょうか。

相性もありますが、なんだか合わないなという時も顔はしっかりと笑顔で、丁寧な接客を心掛けましょう。これさえできていれば、お客様側も一方的に悪者になりたくないので、クレームは控えようという気になるはずです。


4.こじれそうな場合は無理せずお店に連絡
滅多にないことですが、たまにびっくりするような悪質なクレーマーもいます。そのようなモンスタークレーマーでなくても、感情が沸騰しやすく怒鳴るタイプのお客様もいます。

そうなった時は無理せず、お店に助けを求めましょう。しつこい本強をするお客様の場合も同様です。

そういう問題が起きた時の対応も考えて、しっかりとした対応ができるスタッフがいるお店を選ぶことも大切です。




以上になりますがいかがでしたでしょうか?

クレームが入るとお店から自分がどう思われるかが心配な人もいるでしょう。そんな時に大切なのは普段からの仕事ぶりです。

出勤や接客、お店での態度などがきちんとしていれば、お店はその女性を信頼します。お店と信頼関係が構築されている女性に、たまたま1人のお客様がクレームを入れたからと言って、それを全て受け入れることはありません。

必ずどちらの言い分も聞いた上で判断するのが普通です。お客様側の話しか聞かずに一方的に批判されるような時は、普段からクレームが多いか、お店の対応力が低いかのどちらかです。

普段から仕事をきっちりとしていれば、必ずお店は女性の側に付きます。なので、常日頃、きちんと仕事をしている自覚があるのなら、クレームを過度に気にする必要はありません。

思い当たる部分があったら改善すればいいんですから。

それでも、クレームは出されたくないという場合は、上に書いたポイントに気をつけるだけでもかなり違います。

是非、試してみて下さいね。


posted by レイグループ at 23:25 | Comment(0) | トラブル回避
2018年01月08日

待機中、他の女性と関わりたくない!そんな時に読む話

待機時間の過ごし方.jpg
風俗のお仕事では、接客の合間やお仕事がつくまでの待ち時間など、女性に待機していて貰う際に『集団待機』というシステムを採用しているお店が多いです。

大き目な部屋に、待機中の女性が集まり、自由に時間を過ごして頂くわけなんですが、ここで問題になってくるのが人間関係です。

多数の女性が集まると、どうしても、好き嫌い、合う合わない、仲がいい悪いという人間関係や派閥のようなグループが発生しがちです。更には、稀にとても変わった人がいることもあったりします。

これは決して風俗に限った事ではないと思いますが、どんなお仕事でも100%自分と合う人ばかりの職場というものはなかなかありません。

そして、全員が話好きというわけでもないのも事実です。あまり社交的でない女性や、お客様以外とはできるだけ関わりたくないという女性だって当然います。

そんな女性にとっては、他の女性が仲良くはしゃいでいるのを聞いているだけで「もう少し静かにしてくれないかな」とか「うざい」とか「詮索はやめて」と感じてしまうことがあるかもしれません。そう思う自分を「もしかして私って我が儘?愛想無し?」と感じてしまうこともあるでしょう。

でも大丈夫です。

「他の女性と一緒にする待機が苦痛」と感じている女性は貴女以外にも実は結構いるんです。

前置きが長くなりましたが、今回は待機に対する考え方を書いてみます。


何の為に風俗で働いているかで、待機時間の過ごし方も変わる

他の女性と関わらなくても良いお店と駄目なお店
基本的に当店は「他の女性と関わらないこと」を推奨しています。

理由はいろいろありますが、揉め事や風俗で働いていることがバレることを防ぐため、友達を作る場所ではないからです。関わるにしても挨拶など最低限のことはしっかりして、待機時間はそれぞれのお仕事の準備や写メ日記の更新、休息に充てて貰えればと考えています。

他の高級店などでも「他の女性とは関わらない方がいい」とされていることが多いです。

これがキャバクラとかだと逆に関わることが必要になるかもしれません。何故ならキャバクラはチームプレイだからです。会話が上手い子、お酒が強い子などそれぞれ得意分野でお互いをフォローしあうことが自分の売り上げに繋がります。

ですが、風俗は個人プレイです。3Pコースなら協力は必要ですが、そうでない限りは必要ありません。接客時間中になにかあった時など頼りになるのはスタッフであり、他の女性ではないからです。

なので、必要以上に関わることなく、人それぞれがお互いを尊重しながら待機して頂くのが理想の姿です。一人でスマホを見ていたり、本を読んでいたりしていても居心地が悪くないし、周りから浮いてしまうわけでもない。これが普通です。

ところが、お店によっては「女性全員が集まってずっとお喋りをしている」「新人女性が入店すると、在籍女性が詮索するような質問をして根掘り葉掘り聞きだし、それをスタッフが見ていても止めない」「他の女性の迷惑など考えずに大きな声でお客様やその場にいない女性の悪口など、聞いていて気分がいいものではない話で盛り上がっている」という様なことがあるお店もあると、面接に応募してきた女性から話を聞いたりします。

出勤するたびにこのノリで、スタッフも止めないどころか参加しちゃってるようなお店だとしたら、先ほどとは逆に、待機中に他の女性と関わりたくないという方が浮いてしまいます。

そこで、もし貴女があまり人と関わりたくないタイプなら、面接の際に待機中の様子を尋ねてみるのがいいでしょう。仲良しムードやアットホームな点を強調してくるようなお店だったら、もしかしたら関わり合いが必須のお店かもしれません。


待機室の雰囲気が悪いと疲れる
上に書いたような感じでうるさいだけではなく、派閥があるとか、あからさまに感じの悪い様な態度を取る人がいたら、精神的にも疲れてしまいます。

接客でお客様に気を遣ったりして体も気持ちも疲れているところに、お店で待機中にも気を遣わないといけないとなれば休息している暇がありません。

お店での在籍期間が長い、出勤が多い、人気がある、気が強い、社交的といった女性はどこのお店にもいます。しかし、これらの女性の中に自己中心的な人がいて、更にはその人がスタッフよりも立場が強かったりしてしまうと、もう目も当てられません。

個人的な好き嫌いだけだったら、お互いに大人ですから、最低限の挨拶をするとかしていればどうにかなるかもしれませんが、周囲を巻き込んでくるような人がいる場合はスタッフに相談したり、最悪、お店を変えた方がいいかもしれません。

良心的で、スタッフがしっかりしているお店なら、そういった際の対応もきっちりしてくれるはずです。もし、スタッフが何も言えなかったり、一緒になって騒いでしまう様なお店だったら、お店を変えましょう。

他の職業ならともかく、風俗店は他にもたくさんありますから。


女性特有の派閥や人間関係に疲れて風俗に転職する人も少なくない
風俗で働く女性の中には、面倒な派閥や人間関係が苦手な人も少なくありません。昼のお仕事で、そういう経験をしてストレスを溜め込んだので二度とそんな経験はしたくないからと、風俗を選ぶ女性も増えています。

なぜ風俗を選ぶかと言えば、仕事は完全に個人プレイで、他の仕事に比べると同僚との人間関係も希薄、時間も融通が利くし、給料もいいからです。

世の中で一番多い転職理由は「人間関係」とも言われていますが、あながち間違いではないのかもしれません。

それくらい、人間関係が辛くて、それまでの仕事を辞めて風俗を選んだという女性は多いです。


集団待機じゃないお店もある
人間関係から逃れるために風俗のお仕事を始めたのに、そこでも人間関係に悩まされたら本末転倒です。そんな時、チェックしておきたいのが個室待機ができるかどうかです。

個室待機なら煩わしい人間関係に悩まされることなく、お仕事に専念できます。余計な気遣いも無用ですので、休息は休息として自分がお仕事をしやすいように過ごせます。

しかし、時には誰かに仕事の悩みを相談したい時もあるはずです。相談とまではいかなくても軽く愚痴を言いたい時だってあるでしょう。そんな場合には集団待機の方が都合がいいかもしれません。

周りにいるのは、自分と同じ風俗で働いている女性です。同じ悩みを共有している同志でもあります。他の人には話しづらいお仕事のことも、同じ仕事をしている女性となら気軽に話すこともできて、少しは気が紛らわせるかもしれません。

待機形態で働くお店を考える時は、自分が一人でも耐えられるかどうかも加味した方がいいかもしれません。

お仕事をする上で、自分が何のために風俗で働くのかはとても重要なことです。働きやすい環境を作るのもとても大事なことですよ。




以上になりますが、いかがでしたでしょうか。
お金を稼ぐ為に風俗で働いている人、友達を作りに来た人、風俗でしか働けない人などさまざまな人がいます。一人でも頑張れる人、頑張れない人もいるでしょう。

当店は、どちらの待機形態も採用しています。個室待機もあれば、集団待機もあります。ただ、どちらで待機して頂く場合も共通しているのが当店「お店は友達を作りに来る場所ではない」という認識です。

当店を選んでくれた女性に稼いで頂きたいから、お仕事をしやすい環境を用意して、徹底的にサポートできるようスタッフ教育をしています。

また、集団待機、個室待機と用意はしてますが、普段は個室待機を使用して愚痴を言いたい時だけ集団待機をするというのは原則的に禁止です。都合のいい時だけ愚痴を言いに来られては、普段から集団待機している人達も気分がいいはずがありません。

当店は風俗で稼ぎたい貴女を全力で応援します。風俗で働いて稼ぎたいとお考えの女性は是非、ご連絡くださいね。
posted by レイグループ at 19:04 | Comment(0) | 不安を解決します♪